令和2年度「学校給食・栄養士・栄養士専攻学生向けプログラム」開催者募集のご案内

令和 2 年度 国産水産物流通促進・消費拡大総合対策事業
魚食普及推進事業 魚食普及セミナー等開催
「学校給食・栄養士・栄養士専攻学生向けプログラム」開催者募集のご案内

国産水産物流通促進センター
構成員 一般社団法人大日本水産会

令和 2 年度魚食普及推進事業「魚食普及セミナー」等の実施において、国産水産物流通促進センターでは、栄養士・栄養士専攻学生向けプログラムの開催を希望する団体、学校等を募集します。

【募集要項】
1.実施予定時期:令和 2 年 5 月~令和 3 年 2 月末まで
2.実施場所:全国
3.開催対象:栄養士会等の団体等、栄養士養成関連学部等を持つ学校
※複数学校等を想定。単一学校の場合は、周囲の学校等との協働をお願いします。
団体等の場合は都道府県単位、または複数の市町村単位での開催をお願いします。

令和元年度実施例:(公財)よこはま学校食育財団、埼玉県教育局保健体育課、葛飾小中学校教育研究会給食部等
4.参加対象者:栄養士(管理・学校栄養士、栄養教諭、養成課程専攻者等を含む)
5.内容:お魚料理教室(実習)、おさかな学習会(座学)等
6.時間:2 時間位~半日程度で別途相談の上決定
7.講師:調理教室講師は「調理師免許」、「栄養士・管理栄養士」等の資格保持者や調理教室講師経験者等
おさかな学習会講師は「おさかなマイスター」等有資格者や水産業・水産関連産業従事者、学識経験者、学習会講師経験者等。
※(一社)大日本水産会スタッフも参加します。内容は相談の上決定。
8.経費負担:①消耗品費(調理材料など)、②会場費、③講師謝金(本会規定に基づく)及び旅費を負担します。
※他の補助金等との重複の可能性がある場合は事前に連絡ください。
9.経費の支払方法:
調理食材費、会場費は、食材購入業者、会場管理者からの大日本水産会宛請求書に基づき、大日本水産会が支払います。開催前に購入予定品目を連絡の上で、食材内容が分かる請求書を送付下さい。
10.その他:実施者は、終了後速やかに実施報告書の提出(アンケートの取りまとめ必須)をお願い致します。
※アンケート項目・雛形については事前に掲示・相談の上で決定します。
11.応募方法:別紙申込用紙に必要事項を記入の上、連絡願います。
「全国に魚食普及を広げるため」の目的と趣旨に沿ったプログラム、人数、地域の偏り等を勘案の上で、選定致します。地域によっては、他団体と合わせての開催をお願いする場合もございます。
12.応募期間:2020 年 4 月 13 日~ (状況により締め切る時があります。)
令和 2 年度 栄養士等向けプログラム(料理教室など)申込書

【お問い合わせ先】国産水産物流通促進センター
構成員(一社)大日本水産会 魚食普及推進センター
(担当:川越、早武)
〒107-0052 東京都港区赤坂 1-9-13
TEL03-3585-6684 FAX03-3582-2337
Eメール osakana@suisankai.or.jp
*プログラム内容等については、本会魚食普及推進センターホームページも参照下さい。
https://osakana.suisankai.or.jp/shokuiku

«