学校給食の魚レシピ

尾頭つきあじのから揚げ甘酢漬け
香川県 共同調理場・小学校

栄養価

エネルギー 667kcaI
たんぱく質 27.8g
脂質 19.5g
食物繊維 7.0g
カルシウム 362mg
4.1mg
ビタミンA 975IU
ビタミンB1 0.54mg
ビタミンB2 0.56mg
ビタミンC 49mg
食塩相当量 2.8g

献立

さつまいもごはん・牛乳・尾頭つきあじのから揚げ甘酢漬け・昆布と大豆の煮もの・おひたし・くだもの

献立のポイント

・「魚料理というと、どうしても切り身が多くなるので、尾頭つきの魚を、はしを使って食べる体験をしてもらいたいので、定期的に出しています」 と、献立を考えた栄養職員は言っています。
・ 香川県は、いりこやしらす干しの産地。さつまいもごはんの中にも、しらす干しを入れて郷土の特色を出しています。

献立について

・日本型食生活のパターンとして、よく登場する献立です。
・さつまいもごはんは、皮つきのさつまいもとしらす干しを使うことにより、彩り、味も良くなり人気があります。
・魚料理は、とかく切り身を使用することが多いなか、尾頭つきの魚をおはしを使って食べる体験をしてもらいたいことから定期的に出しています。
・当日は、先生方へは献立のねらいを、児童生徒へは放送資料などの指導資料を出しています。

尾頭つきあじのから揚げ甘酢漬け

材料

あじ50g、でん粉3.0g、小麦粉(薄力粉) 3.0g、植物油 5.0g、酢5.0g 、砂糖(上白)3.5g、しょうゆ(こいくち) 4.5g

作り方

❶あじは尾頭つきで17cm前後のもので、腹わた、ぜいごを取ったものを使用する。
❷あじにでん粉と小麦粉を混ぜたものをまぶして、中温の油で揚げ、沸かしておいた合わせ酢に漬ける。

さつまいもごはん

材料

精白米65g、強化米0.2g、さつまいも30g、しらす干し3.0g、食塩0.5g

作り方

❶さつまいもは皮つきのままよく洗って2cm角に切り、水にさらして水きりしておく。
❷洗った米、さつまいも、しらす干し、塩を入れて炊く。