学校給食の魚レシピ

あさり入り炒り豆腐
奈良県 共同調理場・小学校

栄養価

エネルギー 664kcal
たんぱく質 28.5g
脂質 17.8g
食物繊維 3.6g
カルシウム 488mg
4.0mg
ビタミンA 1,505IU
ビタミンB1 1.04mg
ビタミンB2 1.00mg
ビタミンC 42mg
食塩相当量 2.2g

献立

ごはん・牛乳・あさり入り炒り豆腐・さくらえびのかき揚げ・ツナごま酢あえ・ミルメーク

献立のポイント

・冷凍あさりは、現在、全国どこでも使える便利な食品です。海のない県である奈良県のこの学校では、子供の好きな炒り豆腐にしました。
・さくらえび、たまねぎ、ごぼうを使ったかき揚げでカルシウムをとり、料理のレパートリーが広がるツナの缶詰で、たんぱく質を補っています。

献立について

・あさり、さくらえび、ツナの三品を、子供たちは抵抗なく受け入れ、喜んで食べてくれます。

あさり入り炒り豆腐

材料

あさり(むき身) 15g、豆腐(木綿)60g、にんじん10g、干ししいたけ 1g、葉ねぎ8g、鶏卵24g、砂糖(上白)6.5g、しょうゆ(こいくち)7g

作り方

❶豆腐は水きりしておく。
❷にんじん、戻した干ししいたけ、葉ねぎは小さく切っておく。
❸豆腐、にんじん、あさり、しいたけを熱して味つけし、卵でとじ、葉ねぎを青味に散らす。

さくらえびのかき揚げ

材料

さくらえび8g、たまねぎ15g、ごぼう15g、小麦粉8g、植物油4g、食塩0.1g

作り方

❶たまねぎは小さく切る。
❷ごぼうはささがきにする。
❸釜あげのさくらえび、たまねぎ、ごぼうを混ぜてかき揚げにする。

ツナごま酢あえ

材料

まぐろ(水煮)20g、きゅうり20g、酢(米酢) 1.5g、いりごま1g

作り方

❶ツナは粗くほぐしておく。
❷きゅうりは板ずりして、薄く切る。
❸酢、すりごまであえる。
❹味をみて砂糖、しょうゆを加える。