学校給食の魚レシピ

いかだいこんの煮付け
愛知県 共同調理場・小学校

栄養価

エネルギー 664kcal
たんぱく質 27.3g
脂質 14.8g
食物繊維 5.4g
カルシウム 418mg
1.9mg
ビタミンA 473IU
ビタミンB1 0.43mg
ビタミンB2 0.44mg
ビタミンC 11mg
食塩相当量 2.2g

献立

麦ごはん・牛乳・いかとだいこんの煮つけ・じゃことごぼうのかき揚げ・さつま揚げのごま酢あえ

献立のポイント

・いかとだいこんは、昔から親類と言われるほど相性がよく、給食でもよく使われます。
・この献立の特徴は、じゃことごぼうのかき揚げで、固い食品どうしを組み合わせています。提案者は「かき揚げは、 よく噛めば噛むほど味が出ておいしいので、“カミカミメニュー”として、積極的にアピールしたい」と言っています。さつま揚げやかまぼこ等の水産練製品は、副菜として応用範囲の広い食品です。

献立について

・かき揚げは、よく噛めば噛むほど味が出ておいしいので、カミカミメニューとして積極的にPRしたい料理です。

いかだいこんの煮付け

材料

いか30g、だいこん70g、しょうゆ(うすくち)5g、みりん2g、 砂糖(三温)2g、かつお節(だし用)3g、水30g

作り方

❶いかは食べやすく切り、湯通しする。
❷だいこんはいちょう切りにし、軽くゆがく。
❸かつお節でだしをとり、いか、だいこん、調味料を加え、じっくり煮含める。

じゃことごぼうのかき揚げ

材料

ごぼう30g、田作り8g、にんじん5g、小麦粉20g、鶏卵8g、
牛乳10g、食塩0.3g、食物油(白絞油)8g

作り方

❶ごぼうはささがきにし、水につけてアクを抜く。
❷にんじんはせん切りにする。
❸ごぼうから食塩までをよく混ぜ合わせ、丸めて揚げる。

さつまあげのごま酢あえ

材料

さつま揚げ6g、きゅうり35g、ごま(いり)1g、砂糖(三温)1g、しょうゆ(うすくち)2g、酢2g

作り方

❶さつま揚げは細く切って湯通しをし、酢(分量外)をふって冷ます。
❷きゅうりは薄く切り、塩(約1%)をして、しんなりしたら絞る。
❸ごまを軽くすり、調味料と❶、❷をあえる。