学校給食の魚レシピ

いわしのさんが揚げ
岐阜県 川上村 単独校・中学校 中国料理

栄養価

エネルギー 720kcal
たんぱく質 31.8g
脂質 24.5g
食物繊維 3.7g
カルシウム 298mg
3.7mg
ビタミンA 502IU
ビタミンB1 0.80mg
ビタミンB2 0.70mg
ビタミンC 23mg
食塩相当量 3.6g

献立

菜の花ごはん・牛乳・いわしのさんが揚げ・みそ汁・くだもの

献立のポイント

・郷土の特産品を生かした献立です。
・千葉県銚子市は、昔からいわしの名産地ですが、いわしをすり身にして、長ねぎ、しょうがを加え、赤みそで調味する“さんが”は、代表的な郷土料理です。
・また、房州は菜の花でも有名です。春を告げる菜の花の混ぜごはんは、それだけで教室に季節を運んでくれます。

菜の花ごはん

材料

精白米(強化米0.3%混入)70g、精麦強化切断無圧ペン7g、菜めしの素2g、鶏卵15g、食塩0.3g、植物油(サラダ油)1g、みりん0.5g

作り方

❶卵は砂糖と塩を入れ、いり卵にする。
❷菜の花はゆでて水気を絞り、細かく刻む。
❸ごはんに菜めしの素❶と❷を混ぜる。

いわしのさんか揚げ

材料

いわし(すり身) 40g、豚肉(もも)25g、鶏卵5g、長ねぎ7g、根しょうが0.5g、赤みそ3g、しょうゆ(こいくち)2g、清酒(料理用)1g、小麦粉3g、焼きのり(1/6)0.3g、かたくり粉3g、植物油(大豆白絞油)5g

作り方

❶長ねぎは小口切り、しょうがはみじん切りにする。
❷いわしすり身と豚ひきを混ぜ合わせ、❶とその他の調味料を入れよく混ぜ、人数分に分けハンバーグのようにする。
❸のりを6等分に切ったもので、❷をはさみながら揚げる。