サメ好きあつまれ!サメサメ会議2019

シャークジャーナリストの沼口麻子さんが主催する会にプライベートで参加しました。

オプションで食べたサカタザメのカルパッチョ。

サメを食べたと話すと「くさいんでしょ?」とよく言われますが、それはきっと常温で運ばれてた時代の話をウワサで聞いた、食べたことがない人のファンタジー。

今はね、お刺身で食べても魚に負けてないよ!」と本気で思っていますが、こちらも色合いも美しくおいしかったです。

 

冷凍アカシュモクザメが並んでいたり、サメ三昧でした。

国立極地研究所の渡辺氏による研究発表は、子供が研究者を志すキッカケになるのでは?と感じられる素敵な研究でした。

世界でメガマウスはどこで多く見られるか?を、旅行に行かずに世界中のデータから調べてしまったり、

ホオジロザメはどの深さで狩りをしているか?を、背ビレにつけた記録装置でサメの角度や泳ぐスピード、深度から予測したり。

美術造形家の横田晶洋さんは、サメの頭骨標本をメインにサメへの思いを語っていました。

子供部門で小学生もしっかり発表しており、その中で未就学児のプチ発表が印象に残りました。

ゴブリンシャーク:ミツクリザメも泣いています。

大人として、お手本になるようにしなければいけませんね。

早武

« »