お家で簡単!魚レシピ

カレイのムニエル レモンバターソース
ととけんかれい

香り豊かなさっぱりとした味わい

ととけん

材料(2人前)

カレイ(マコガレイ切り身)2切れ、塩・こしょう・小麦粉各適量、オリーブオイル大さじ2、小松菜、トマト、レモンの輪切り各適宜
Aバター20g、レモン汁1/2個分、パセリのみじん切り大さじ1、しょうゆ・砂糖各小さじ1/2

作り方

❶カレイは洗って水けを拭き、塩、こしょうをふって小麦粉をまぶす。小松菜は長さ5cmに切り、トマトはくし切りにする。
❷フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、カレイを皮目を下にして加え、小松菜とともに3分ほど焼く。カレイを裏返して身をカリッと焼き、小松菜とともに器に盛る。
❸❷のフライパンにAを入れてひと煮立ちさせ、カレイにかけてトマト、レモンの輪切りを添える。

有名な「城下かれい」は大分県の特産品。城の下にある湾で獲れ、江戸時代には庶民が口にすることが禁じられていた殿様魚。

イラスト提供:伊藤柚貴 料理制作:浜本千恵
※本レシピのイラストおよび写真、内容の無断転載を禁じます。