9月4日は「くじらの日」!くじらの日イベント

9月4日は「くじらの日」!

9と4でくじ・・らです。

ニタリクジラが撮れる時期でもあり、食欲の秋にピッタリですね。

2022年9月4日 くじらの日!

豊洲のTHE BBQ BEACH in TOYOSUで開かれ、ニタリクジラが登場。

バレニンちゃんは海鮮プロレスのリング上に。どうなってしまうのかハラハラしました。

やっぱり大きい!

こんな大きなクジラが食べる魚は毎日体重の4%だそうで・・・全人類が食べている魚の3-6倍ぐらいがクジラたちの胃袋に収まる計算だそうです(詳しくは「こちら」)。

鯨とヒトがライバル関係で魚を食べているということは・・・鯨を美味しく食べるとその分魚にも余裕が生まれる?ということが言えそうです。

魚が育つエネルギーはそもそもが太陽とミネラル(記事は「こちら」)。

増えた分を食べていけば永久に利用できる資源です。

数が多い種類のクジラを取ることで、資源をうまく使うことになりそうですね。

2021年9月4日 くじらの日!

豊洲のWILD MAGICにて開かれ、バレニン君も頑張っていました。

圧巻だったのは・・・・ニタリクジラの80Kgの生肉バーベキュー!

プロレスラーの船木誠勝さんはエイヤと持ち上げていました・・・。

そんなお肉、キャッチャーボート(捕鯨船)から下ろす時にはヘルメットをしながらです。

当然ですよね。そんな作業の写真など、普段見れない写真は「こちら」

乗組員さんに話を聞くと、「自分たちで食料を取りに行ける方法は、何かがあったときのために確保しておかないといけない」とおっしゃっていました。何かが無い事が一番ですが・・・・何があるかわかりませんからね。

鯨の切り分け方

左手の手鉤で押さえながら・・・切り分けている右手には・・・鯨包丁?

だんだん見えてきたあばら骨から、鯨の大きさがわかります。

 

海鮮プロレス 鮮度が決め技!産地体感エンターテイメント

個人的に衝撃を受けたのは・・・「海鮮プロレス」の皆さん。

なんと、みんな海産物で・・・・新鮮でピチピチ動いているんです。

市場、港などなどのイベントに引っ張りダコな理由がよくわかります。

全員マスク着用で観戦対策もばっちり(詳しくは「こちら」

色々な魚食普及仲間がいるのだなぁと勇気づけられました。

«

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー