水産業って何?

海の恵み「魚」を取り続けると減ります。魚をずっと食べていくために、
地球環境を考えている工夫とは?

魚が生まれて育つためのエネルギーはどこから?

食物連鎖(食うー食われる)

魚は「食うー食われる」の関係で、エネルギー等をやり取りする事でつながっています。

小さいプランクトンを小魚が食べて、小魚を大きな魚が食べて、さらに大きな魚やサメが食べる。サメが死んで分解されてプランクトンが育つのに使われます。

何億年も前からそのようになっています。

魚たちが動くときにエネルギーは熱になって無くなります。では、このエネルギーはどこから来るのでしょうか??

生き物の命に必要な太陽エネルギー

地球が命に溢れている理由は、何と言っても太陽です。

陸上の植物が光合成をして成長するのと同じで、海のプランクトンたちもミネラルなどと光エネルギーで光合成して増えます。それを魚たちが食べてエネルギーにするのです。

ワカメなどの海藻も太陽のエネルギーとミネラル等から作られて、これを魚たちが食べることになります。

陸上の植物が育つのに必要な太陽の光エネルギーは、降り注ぐ光の0.1%だけだそうです。

太陽が無くならない限り、魚たちも自然に増えます。

でも、魚が増えるために、少ない魚は獲りすぎないなどを考えていく必要はありますね。

ウミガメが死ぬと??

三宅島でアオウミガメ(真ん中の白く見えている)が、おなかを上にして沈んでいました。

時間が経つと少しずつバラバラになって、他の生き物の栄養になっていきます。

深海で分解される死骸

太陽の光の届かない深海では、このような海の生き物の死骸が分解されて栄養になっています。

死骸って気持ち悪い気もしますが、地球の中で、次の命が育つ栄養になっていくのです。

クジラの骨が深海で分解されていく時に「鯨骨生物群集:ゲイコツセイブツグンシュウ」ができます。

詳しくは「こちら」から!超お勧め!

食べた生き物はおなかを壊さないかと心配になりますが、死んだ生き物を食べる生き物はおなかが強いみたいです。うまくできていて、全て利用されるんですね。

 

こうして、生き物の命はエネルギーや物質と共に、グルグルと循環します。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE