水産物の水銀摂取リスク

水産物の水銀摂取のリスクについては、厚生労働省から「これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと」と題して、特に妊婦さん向けに魚種別にアドバイスされているパンフが発行されています。人の場合、生まれ出た後は普段の食事で取り込んでいる水銀は徐々に排泄されると報告されており、一番リスクの高いグループは排泄できない胎児ということになります。またどのような健康被害かというと、音を聞いた場合の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れる可能性があると言われています。このパンフでは、妊娠した女性が高い栄養・健康機能をもった魚介類の食事を行いながら、一部の水産物の水銀摂取については気をつけるように注意をうながしています。

クジラやイルカなど食物連鎖の頂点にいる海洋生物には(メチル)水銀が多いといわれており、上記パンフでも摂取量が定められています。和歌山県太地町は伝統的にクジラ・イルカ漁が行われ、住民も地元の食材として漁獲物を利用しており、その水銀摂取が健康被害を起こすのか研究が行われてきました。2019年10月に環境省国立水俣病総合研究センターが研究結果を発表し、ヒトへの健康被害の無いことが報告されました。

国立水俣病総合研究センターの年報:[3.曝露・影響評価グループ(3)クジラ由来の高濃度メチル水銀の健康リスク評価]に掲載

発表にかかわる日刊水産経済新聞の特集記事(2019年12月25日)

« »