水産業って何?

魚は鮮度が命。海で泳いでいた魚が、どうやってみんなの目の前に届くのかな?
飛行機で飛んでくる魚もいるよ!

魚を運ぶ 生きた魚介類を運ぶ!

生きた魚介類はどこにいる?

海で生きていたまま手間はかかりますが、活魚で欲しい人のために、生きたまま市場に並ぶこともあります。

石川県の金沢市場で生きたイカがセリにかけられていました。船・海からすぐ近くの産地市場、地元ならではの光景ですね。

都会で生きた魚介類が欲しい!

産地市場から離れた消費市場でも、生きた魚介類が欲しい人たちがいます。

鮮度が一番!というお客さんのため、そして自分で魚を締めていつもと同じ味わいに育てたい(料理人の腕の見せ所!)料理人さんが欲しがるのです。

色々な運び方 活魚車(カツギョシャ)

車で生きた魚を運ぶ方法です。

大きな水槽の中に魚を入れて、市場まで運ぶのです。

水槽の中で自由に泳がせている場合もありますが、ぶつかり合って弱ってしまう場合もある上に、沢山運べなくなる場合もあるので、鯛の場合は、カゴに頭としっぽを交互に10匹入れてしまう場合もあります。

鯛を運ぶためのカゴです。

少しかわいそうな気もしますが、このように沢山運ぶことができると、みんながお手頃価格で食べる事ができるのです。

色々な運び方 袋で発送

車で運ぶと量が多すぎる!お店にお届けする場合は、ヒラメ一匹、ボタンエビ5匹でも十分!

そんな時はこのように。

1‐2日であれば、袋に酸素を多めに入れて、外側の氷で冷やしてあげれば生きたままお届けできます。

大きすぎない、暴れない、トゲがない等、全部の魚介類でできるわけではありませんが。

 

このように、生きた魚を運ぶ方法にもいろいろあるのです。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE