水産業って何?

スイスイ!「地球を守る仕事」一年生 研究者の仕事ってどんなの?

地球を守る仕事って?

バクダンを宇宙に運んで恋人を守る!とか、ヒーローのようなイメージがあるかもしれません。
でも、海の資源を増やそうとしたりするのも「地球を守る仕事」ですヨネ。

そんな謎に包まれた研究者の日常を皆さんに不定期で紹介します!

こんな仕事してみたいな!と思ってくれて、一緒に働ける日を待ってます!

スイスイ!研究者1年生~初めての土地で奮闘中~

目次(クリックするとそこに飛びます!)

①研究者一年生 なんで研究者になったの?

②~初めての土地で奮闘中~ 全国47カ所。ダーツの旅でどこに配属??

③近日公開?? 私の研究対象の藻場はコレだ!

①?

研究者一年生 なんで研究者になったの?

2022年の春に海洋大学大学院を卒業して、4月から国立研究開発法人 水産研究・教育機構の研究員として働くことになった藤野くるみと申します。
つまり、ぴちぴちの研究者1年生というわけですね。(笑)
私は大学院を卒業するまでアサリの貝殻形態やイモガイの繁殖生態など貝類の研究をしていました。

↑アサリ:色とりどり。この中にイセエビにかじられたアサリが…答えは長崎くんちの写真のところで!

↑イモガイ:タガヤサンミナシという、毒を使って貝を食べる貝(協力:京都大学瀬戸臨海実験所)

もともと、貝が好きだったこともありますが、学生時代に通っていた大学の近くにはアサリやホンビノスガイで有名な東京湾がありました。

海なし県に生まれた私は海にワクワク!地元の子どもたちも、さぞかし海や水産物に詳しいかと思っていたのですが、どうやら刺身が海を泳いでいると信じている子もいるらしい……。
そんなことを東京湾で魚食普及活動をする漁師さんから教えてもらい、魚離れを身近に感じました。そして、貝の研究を大学で進めていく中にも、水産資源のピンチを痛感して、もっと海や海の生物資源を守り増やす仕事がしたい!と思うようになりました。
そんなこんなで、貝好きの私が就職先に選んだのは、アサリを売る水産会社でもなく、イモガイの展示をする水族館の飼育員でもなく……研究者という道でした。

研究者のお仕事は、簡単に言うと「地球を守る仕事」です。

例えば、皆さんが普段食べているお魚がどれだけ海にいるのか、船で調査して漁獲量(その年にどれだけ魚をとっていいか)を決めたり、ウナギやマグロなどを卵から育てて資源を増やす挑戦をしたり、おいしい水産物の利用や加工の仕方を研究したり、藻場や干潟に住む生物の関係性を調べたり……幅ひろーい水産の世界のあらゆる問題を解決するために、あらゆる面から研究や発信をしているのです。
難しく言うと・・・日本の水産研究の最前線で、日々日本各地の水産資源を守り維持管理するため、国や漁師さん、そして大学などと協力して海洋環境や水産資源にかかわる研究をしている「水産研究・教育機構」(略して水産機構)という研究機関で働く事になったのです。

~初めての土地で奮闘中~ 配属先(お仕事をする場所)はどこへ??

~初めての土地で奮闘中~ 配属先(お仕事をする場所)はどこへ??

日本は周りを海に囲まれた島国です。 そのため研究のフィールドは多岐にわたり、水産機構は、釧路から石垣まで25か所の庁舎と、主にサケマスにかかわる仕事をする22か所の事業所があります。
海だけでなく内水面(湖とか川とか。)も網羅しているこれらの配属先、どこにいってもカッコイイ研究者と素晴らしいフィールドがあると思うと、とてもわくわくしますよね。

そんな日本全国47カ所(22年7月現在)!の中から配属された地は・・・・

今まで住んでいた埼玉県から1300㎞も離れた……

(ヒント:島の数日本一!アジとビワが有名で、坂と港がたくさんある…)

 

そう!長崎県でした!

↑長崎空港で長崎くんちの龍とパシャリ

イセエビにかじられたアサリの貝殻の答えは、中央のシマシマアサリの二つ右、左側の上がギザギザに欠けているちょっと大き目な茶色に白模様の子です。わかったかな?

長崎県で何を研究?

今まで研究していた貝ではなく、私が配属されたグループの研究のテーマは『海藻&藻場(もば)』!
皆さんは、『藻場』という言葉、聞いたことはありますか?

ちなみに私のイメージは…
ワカメやコンブといった海藻がたくさん海の中に生えていて、
ちょうど写真のような、水族館で見る海藻のように水槽の中をゆらゆらとゆったり揺れていて、見ているとどこか吸い込まれるかのような…

↑ジャイアントケルプ水槽:葛西臨海水族園

↑串本の海の生き物たち水槽:串本海中公園水族館

私はこんなイメージでした!

果たしてこれらは『藻場』なのか…?
減っているって聞いたけど本当の藻場というのはどんなところなの?

そんなことを思いながら、水産庁の藻場のページを見たり、論文を読んだり、同じグループの藻場の研究者の皆さんとお話したり…就職してからしばらくはそんな風に過ごしていました。

そんなある日、ついに新米の私にも出張のお話が!

ということで次回は、出張先で見てきた藻場の様子をご紹介します!

これが藻場だ!に続く!

 

次回、これが藻場だ!に続く!

 

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE