水産業って何?

日本の周りを流れる海流 潮の流れ 名前も覚えちゃえ!

魚が沢山獲れる場所

魚が大きくなるためには、大きな魚は小さな魚を、小さな魚は小さな餌を食べます。
小さな餌は、プランクトン(浮遊生物)と呼ばれ、海を漂います。
このプランクトンの餌は、海底に多い栄養分です。
栄養分は、潮の流れによって海の表面に上がってきます。
日本のまわりは潮の流れが多いので、プランクトンが良く育ち、小さな魚も大きな魚も良く育ちます。

寒い海が好きな魚、暖かい海が好きな魚によって、とれる魚は違います。
また、季節によって暖かい海の場所が変わるので、季節によって取れる魚は変わります。
潮の流れは海流とも呼ばれ、暖流と寒流が合う地域は特に魚が多くとれます。

海流を覚えちゃえ!

暖流(だんりゅう)と寒流(寒流)

南の島は暖かい。なので、南から流れてくる海流は暖流、北から流れてくる海流は寒流です。

暖流は・・・ 対馬海流(つしまかいりゅう)と黒潮(日本海流:にほんかいりゅう)

暖流にはカツオやマグロが乗ってきます。

背中が黒い彼らが南から来る・・・黒潮!と覚えちゃいましょう。カツオ一本釣りはこの海流で取ることが多いです。日本海流とも呼び日本海と混乱しそうですが、日本海で一本釣りはしないから太平洋側を流れる!と覚えましょう。

日本海側に流れると対馬(つしま)という島がありますニャン。そう、ツシマヤマネコがいる場所ですよ。なので対馬海流と呼びます。

寒流は・・・ 親潮(千島海流:ちしまかいりゅう)とリマン海流

お父さんお母さんは親なので上から(北からきた)流れてくるのは親潮!です。

千島列島があるので千島海流とも呼び、太平洋側を流れます。

ここでも対馬と千島が混乱しそうだけれど、間違わないようにするニャン!

リマンはロシア語で河口という意味。なのでロシア側に流れるリマン海流!と覚えれば間違いません。

さらリーマンの私が言うんだから間違いなし!

 

日本は島国。海の幸を楽しもう!

日本はグルッと一周海に囲まれており、暖かい流れが南から、冷たい流れが北から流れてきます。
魚を食べるには絶好の国ですね。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE