エビフライ しっぽを食べる派?食べない派?裏ワザで食べやすく!

エビフライのシッポ

地域によっても食べる割合が異なるエビフライや天ぷらの尾。食べない理由には色々あるようです。

・かたい、痛い、何となく、歯が弱い・・・・・

そんなシッポ。実は裏ワザとして、食べやすくする方法があるので紹介しましょう。

立派なエビほどこの裏ワザをしないと食べにくくなるのです。

食べていない地域やお店は・・・この一手間を知らないのでは?という噂も。

剣をとる

エビの武器である剣(ケン)は尾の真ん中の尖った部分↓針みたいなトゲが多く見えるクルマエビ。

このシッポの真ん中のトゲ(剣:ケン)が硬くてエビの身を守っています。

周りのウチワ状のシッポは風船のようになっているので穴をあけないと油に入れた時に膨れて爆発するので、ナイフで傷つけて穴を開けることで爆発を防いでいます。食べる人は問題ないけれど料理人が火傷するので・・・。

が、剣は料理人にとってはやけどの原因にならないので地域・お店によって油で揚げた後にケンが残っている場合も。

というわけで、カリっと美味しいシッポも、剣が硬くて苦手・・・という人が出てくるのです・・・。

剣のとり方

指一本でできて、とても簡単です。

お刺し身にする場合等は、身が抜けやすくなります。

↓真ん中の剣を背中側に曲げていくと・・・・

↓あるタイミングで中身がするっと抜けるので、ケンをとってください。

これで、ちょうどいいカリっとした感じでシッポを食べることができます。

エビの殻はカルシウムが豊富なので、無駄にせず食べましょう!

 

エビのお刺身も隅々まで食べると幸せな気分になります。

「こちら」からボタンエビなどを堪能する方法も紹介します!

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー