海藻を浮かべてみよう。アカモク

買ってきたアカモク(茹でてない生)をコップに入れて横から見ると・・・

浮かびました。葉っぱや風船形など、いろいろな形があります。

アカモク(赤藻屑)は一年で4メートルにもなる海藻で、最後はちぎれて海を漂います。

その藻くずは小魚の絶好の隠れ家。ブリの赤ちゃんは、藻につくのでモジャコ(藻雑魚)と呼ばれます。

モジャコを捕まえて養殖場で太らせると、ハマチ(ブリ)になるのです。

海藻は、モジャコだけでなく、様々な生き物の隠れ家。

ワレカラやヨコエビ君たちが隠れていました。調理前にザルで水洗いすると、生きている子たちが出てくる場合もあります。すぐに乾かせばコレクションにもなりますね。

こんな子たちを食べて、海の魚も大きくなって、それをみんなが食べて大きくなるんですね。

« »