ホウボウ 変な形の魚は・・・広げてみよう

ホウボウ。初めて見るとギョっとするかもしれません。

おなかを下にして置かれています。

台形の体型で、目が上に二つあるので、泳ぎ回らずに海底で生活しているのかな?と想像できるかもしれません。

こんな感じで売られていますが、素通りせずに、チョコチョコ歩く足(ムナビレ)を広げませんか?

さらにムナビレも広げましょう。

目立つムナビレがパッと広がると敵が驚いたり、逃げた後にパッと閉じると、追いかけてきた敵がホウボウを見失ったりしそうですね。

背びれも伸びます・・

こんな感じで、全て広げると、買った時の様子とは全く違う様子に。

売り場ではわからないこんな姿、買って家や園、学校で楽しみませんか?

食べるときは邪魔になるので、これらのヒレはキッチンバサミで切ってしまってもOK。

ちなみにこの子は、内臓が抜かれていたので、水で洗ってからヒレを切り、煮つけにしました。

口の先に小さいトゲがあるのでそこを注意すれば楽しみながら料理ができますよ。

お食い初めに使われるカナガシラに似ていて、ホウボウをカナガシラと呼ぶ地域もあるようです。

どちらも頭が固いので、子どもがしっかり育つようにお食い初めで食べたのかな?と言う話も頷けますね。

« »