ホタテの赤ちゃん

4月はホタテの稚貝が売られているのをよく見ますね。大きな帆立は買うのに勇気がいりますが、ホタテの赤ちゃんでホタテの秘密を知って欲しい!

こんな感じで売られて200円ぐらい。魚と同じで、黒っぽい色が上、白っぽいのが下側です。

1年目の大きさのところにしかフジツボが付いていないのも、おもしろいですね

これほど小さければ指でググっと開けます。真ん中の白い貝柱がお刺身で食べる場所です。

ステーキ用のナイフやスプーンで貝と身の間を少しずつカリカリすると、貝柱が殻からきれいに外れます。

こんな感じ。

開けているうちに、殻が割れて形が面白い形の帆立を見つけました。右上部分が欠けていて、左上の形が変わっています。

割れたままだと、その隙間から食べられてしまうからでしょうか?

閉じている時はこんな感じでフタになっていました。生き残るために帆立も必死なんですね。

身を取って食べた後は、殻を水で洗って干すといつでも見る事ができます。

もっとホタテが知りたい人は「ココ」をクリック!スイカで育てるホタテとかの話もありますよ!

« »