ホッケの開き:干物から魚の体の仕組みを知ろう!

干物を使って、魚の体の仕組みや、よく見る切り身の位置を知ることができます!

「ホッケのひらき」。おいしいので知っている人は多くても、どんな色の魚か知らない人も多い魚ですが・・・こんな魚です。ホッケとキタノホッケ(シマホッケ)の2種類がいて、これは北海道産のホッケです。

シマホッケ(ロシア産やアメリカ産が多いです)の冷凍真空パックがお手頃価格だったので買いました。

背中から切られて内臓とエラは抜かれてから干されています。

泳いでいる姿を知りたい場合は、開きを閉じてみる。

真ん中で切ると、二枚おろし。上側の背骨は片側についている方は、骨についている身の分が、少しお得!

焼いているうちにヒレが反って焦げるので、キッチンバサミでチョキン!腹びれは硬いので残してますが、ヒレが5つあるのがわかります。シリビレの前まで内臓があり、内臓を守る骨があるのも裏返すとわかります。

こんな感じで切れば、切り身になります!

あばら骨がある位置と無い位置で食べやすさは違うし・・・美味しさも違う!

ラクチンに食べる方法は、グリルを汚さないようにアルミを敷いて。

ボーっとしていると焦げますが、完成!

皮がおいしいのはもちろん、骨も噛むとジワーっとうまみが出てきます。

« »