ハリセンボンって針何本?ハリセンボン?

ハリセンボンとは

トゲのある魚です。フグの仲間ですが、毒は無いと言われています。

日本では、ハリセンボン、ヒトヅラハリセンボン、ネズミフグ、イシガキフグの4種が食用として知られます。が、市場に並ぶ時点で、トゲはペロンとはがされてトゲは無くなっているので、トゲアリのハリセンボンは海で泳いでいる時だけしか見れませんが・・。

これがハリセンボンだ!

沖縄県牧志公設市場 沖縄ではアバサーと呼ばれる。

 

長崎県中通島の海岸にて海岸で打ちあがっていたミイラの状態

なぜトゲがあるの?

身を守るためウロコが進化しました。

ハリセンボンの種類や大きさによってトゲの数や形に違いがあります。

普段は横に寝かせていますが、驚かすと水や空気をゴクゴク飲んで、体が丸く膨れます。

普段はトゲが寝ていて、膨れた皮に引っ張られてトゲが立つタイプ(最長部分がトゲ)

最短部分がトゲで普段からトゲが出ているタイプ。3股の土台部分が身体を覆う盾の役割となっているイシガキフグのトゲ

川をはがして体の内側から見ると重なって身を守る盾になっている様子がわかります。

 

私見ながら、針の鋭さは、大きいハリセンボンよりも小さめのハリセンボンの方が鋭い印象があります。大きくなると針先が丸まったりする印象です(種類によるかもしれませんが)。

いずれにせよ、丸飲みしあう魚の世界では、大きな魚がハリセンボンを食べようと飲み込んだ後にトゲで膨れられたら・・・二度と食べたくないでしょうね。

針千本? 何本?

種類によって違いますが・・・千本はなさそうです。

例えばこのイシガキフグの場合は、156本ぐらいでした。

ハリセンボンは大きくなると飲み込み難くなる上に、頭の骨もガッチリ硬くなるので針の数や尖り方は、そこまで重要ではないかもしれません。

だからゆっくり泳いでも食べられないんですね。

何を食べて生きているの?

トゲ以外に面白い体の紹介として・・こんな形の口です。歯というよりも石。

どれだけ硬いか・・・上は生きている時から割れていました。

口が割れるほど硬いモノを噛んだんですね。噛まれないように!

胃袋からはこんなものが出てきました。

ウニ、カニのはさみが見えます。

固いものでもバリバリと食べてしまうのは口が石臼のようだから。スゴイ!の一言。

化石になったハリセンボンもここだけが残って、砂浜にコロンと落ちていることがあります。

 

ハリセンボンのさばき方もお楽しみに!

« »