煮干しの解剖 耳石採取 体験学習

体験学習の準備と実施手順の説明です。

●煮干しの解剖 耳石採取

準備するもの

・煮干し各種(カタクチイワシ マアジ エソ トビウオ他)

・その他:黒い紙 筆記具 耳石採取用ワークシート セロテープ

実施時の手順

・「煮干し」の香りをチェック(出汁)

・魚体の構造 (口 ヒレ お尻 の位置)の確認

・水回りの設備が無くても、魚=実物が触れる

 

●レベル1   色の付いた紙の上で実習開始

・5種類ヒレを探す 尾びれ 胸びれ 背びれ 腹びれ 尻びれ

・目 → 色 形  (煮干し=白 魚の水晶体=球形)

・お尻の穴を探す  → その位置まで内臓がある 割って確認

 

●レベル2  耳石を見つける

・耳石とは、頭蓋骨の中にある石=炭酸カルシウム

・平衡感覚を司る器官 背骨がある動物にはみんな有る

・種によって大きさと形が皆違う

 

●予行演習 

レベル1のマアジの煮干しを解剖 頭蓋骨を見つけ、中にある耳石を見つける。 全員一緒に行う 資料ノート作成  (7分)

●本番 

レベル2のカタクチイワシで時間まで競争。できた人は資料ノート記入後、まだできていない人に教える。煮干しを何尾使ってもOKだが、耳石をもらったり、手伝ってもらうのはダメ 自分で採取したものだけをファイルする 教える側も、手を出してはダメ 口だけで説明する(8分)

要点を教え合って、全員出来るのが目標

 

●尾頭付きが食べたくなる魔法のゲームです。

⇒ ワークシートのダウンロード

後日、いくつ集めたか、どんな魚の耳石を集めたか「見せっこ」すると良い。

(やり方を教えて、お家で食べて集め、ファイルする)

耳石コレクションと資料ノートのセットで完成

・耳石コレクション

⇒ ・資料ノートのダウンロード

 

シリーズ 耳石ハンターのすすめ ~ 美味しく、楽しく、お魚を食べる

 

« »