アジフライの日

フライ界におけるアジフライの地位向上を目指し、3月21日を「アジフライの日」に制定しました。

株式会社角屋食品 代表取締役 角谷直樹

【アジフライの日】
アジは魚偏に「参=3」と書きます。そして、フ(=2)ライ(=1)という語呂合わせから、3月21日を「アジフライの日」として日本記念日協会様に申請し、認定していただくことができました。

アジは日本人にはたいへん馴染み深い魚であり、縄文時代にはすでに食されていたと考えられています。またアジの語源は“味が良いこと”に由来するといわれており、美味しい魚として古来より認識されていました。明治初期に日本で考案されたアジフライは、パン粉の普及と共に日本人に馴染み深い食べ物として普及していき、現在ではおかずだけでなく、酒の肴としても食される人気の“和食”となっています。
それにもかかわらず、当社では「フライ界におけるアジフライの地位が低すぎるのではないか」という課題を感じていました。そんな課題のもと、KADOYAは「狙ってます、エビフライの座。」をキャッチコピーにした新パッケージを開発し、アジフライの地位向上に向けた活動を展開。そんな活動の一環として、2022年に「アジフライの日」を制定する運びとなりました。制定以降、3月21日にはアジフライの日を記念したSNSキャンペーンを展開し、フォロワーさんをはじめ多くの方に「アジフライの日」を知っていただき、アジフライを楽しんでいただけるよう、広報活動を行なっております。
今後も毎年3月21日にはアジフライをより身近に感じていただくとともに、日本の水産業界や、子供たちの食育における魚の有効性についても理解を深めてもらえる機会を提供できればと考えております。

文字のみでデザインされた『KADOYAのアジフライ』

クラフトアジフライ『鯵王』

【株式会社角屋食品の取り組み】
当社は“アジフライカンパニー”をコンセプトに、美味しさだけでなく、楽しさや面白さも食卓にお届けできるアジフライメーカーを目指してきました。2021年にはアジフライカンパニーの名にかけて作る、究極のクラフトアジフライ『鯵王』をリリース。クラウドファンディングを通じて多くの方々の支援を得て実現させることができました。今では「ブラックラベル」と「ホワイトラベル」の2種類を製造しており、年間を通じてワンランク上のアジフライをお楽しみいただけるよう、研究を重ねております。 また同じく2021年には、魚が苦手なお子さまたちにも楽しくアジフライを食べてもらうために『すみっコぐらし™ ていねいな仕事のあじふらい』を発売しました。すみっコぐらし™の映画公開の際は、限定コラボパッケージの発売を行うなど、普段はあまり魚を食べないという方にも興味を持っていただき、アジフライの美味しさをもっと知っていただけるよう、継続的にコラボレーションをしております。今後も角屋食品はアジフライ文化のリーディングカンパニーとして、楽しく、豊かな食生活に貢献してまいります。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー