水産業って何?

魚を獲る方法 何を使って獲る? 石?釣り針?網?

魚の獲り方

魚を一匹ずつ捕まえるのは大変で、昔から人間は工夫を重ねてきました。

色々な方法があるので簡単に紹介します。

石で気絶させる

浅い川では手で追いかけて捕まえる事もできますが・・・大変です。

そのため、浅い川では、石の近くに隠れている魚を捕まえるために、魚が隠れていそうな石に石を思いきりぶつけてその衝撃で魚を気絶させて捕まえる事があります。

しかし、見える魚は石をぶつけるのは難しい。魚からもこちらが見えているし、水の中では石が遅くなってしまうので、逃げられてしまう事がほとんどです。

ヤスや、モリで刺す!

見えている魚を捕まえるには、ヤスやモリで魚を突けばいいです。

ゴムの力を使ったり、弓のようにして勢いよく刺せば魚は獲れやすくなります。

しかし、一匹ずつ捕まえるのも大変です。

モリ突きは、たまに遊ぶ程度であれば楽しくても、人が海に入って魚を追いかけたりしなければならない上に、波が高い日は海に入れない等、大変な上に、やはり手間がかかります。

魚を取る時に海に入らないだけで、だいぶラクになります。

釣り針を使う

釣り針を使うと、濡れないでいい上に、夜や見えない深さの魚を捕まえる事ができます。
餌を使う方法や、餌に用に見えるルアー(疑似餌)を使う方法があります。

一匹釣れるたびに船に揚げる一本釣りもあれば、はえ縄といって、100Km以上にもなる縄に2000本の釣り針をつける方法もあります。

網を使う

魚を取るために有名なのが網で、色々な種類があります。
投網 :網を投げて魚を捕まえる
刺し網:魚が網に刺さる(ひっかかる)のを待つ
まき網:魚の群れをグルッと囲む
定置網:待ち伏せて、入ってきた魚を捕まえる

カゴやツボを使う

他に、カニは餌を入れておいたカゴ、タコはタコツボが有名ですね。

まわりに壁があると落ち着くらしいです。ごちそうさま!

 

 

興味がある人は「こちら」から、色々な漁業を知ることができます。そして、漁師さんになるヒントも書かれていますよ。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE