水産業って何?

カツオの獲り方 漁法の違い 引き縄、一本釣り、巻き網

カツオの獲り方

カツオは一本釣りが有名ですが、目的によって取り方は様々。

イイ状態にするために手間をかけると、その分値段が高くなる!等を考えてナニにするかで漁法が変わるのです。

引き縄

一尾ずつ釣って取り上げます。手間が一番かかるけれど、鮮度も身質もいいカツオが獲れます。

顎が外れているこの子は、引き縄で取られたカツオでした。

ですが、このように一尾ずつ捕まえていると、皆さんが普通にカツオを食べる事は・・・できないでしょう。

値段はもちろん、一尾ずつ丁寧に取ることで沢山取る事ができないので、皆さんの食卓まで行き渡らなくなるためです。

一本釣り (カツオ一本釣り)

返しの無いつり針で引っ掛けて、頭の上をポンポンカツオが飛び交います。

 

鮮度もいいのでお刺身用が多いです。

落ちた時に身が少し割れてしまう場合もありますが、効率がいいのが特徴です。

巻き網

群れをぐるっと網で囲んで捕まえます。

効率よく取れるのでその分手間がかかりませんが、一本釣りで直ぐに冷やすよりは、暴れているうちに魚の身が熱くなってしまうので値段は安くなります。カツオブシやツナ缶用が多いです。

どの漁法が一番?

手間をかけただけ値段も高くなります。

おススメの獲り方は、食べたい方法によっても違います。引き縄で一匹ずつ捕まえたカツオを鰹節にすることもできますが、とても高くなるので、スペシャルな鰹節になって、みんなが買ってくれるわけにはいかないでしょう。

食料の確保という点からは、資源を保つ範囲で効率よく獲る必要もあります。

また、船がガソリンを使って進んであまりとれなかったらガソリンが無駄に消費されてしまうという考え方もできます。

どの漁法も目的によっていい面があり、順位は決められません。

良い面、悪い面というよりも、漁法による「特徴」と考えてもいいかもしれませんね。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE