水産業って何?

海の恵み「魚」を取り続けると減ります。魚をずっと食べていくために、
地球環境を考えている工夫とは?

養殖の種類② 餌をあげない養殖 

エサをあげない養殖 無給餌

「養殖」と聞くと餌を与えている風景が思い浮かぶ人が多いかもしれませんが、ホタテや牡蠣、海苔、昆布等のように、餌を与えずに収穫する無給餌養殖の一例を紹介します。

エサは与えませんが、ヒトが、魚介類の住む場所を提供する形です。

太陽の光や海のプランクトンを栄養に成長させ、大きくなったところを収穫する方法です。

たとえばカキの場合、ホタテの殻を海の中に吊るし、カキの幼生が付着してからそれを育てます。

海中に吊るすための穴が中央に空いたホタテガイの殻。

2mm程度の牡蠣の幼生が70-80個付着している様子がわかります。

成長して収穫されたカキ。

住む場所を提供することで、本来であれば成長できていなかったカキが成長したことになります。

他にも餌をあげない養殖方法があるので、調べてみて下さいね!

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE