あやかりたい! 鯛?鯛じゃない?

あやかりたい!

知っている魚と知らない魚、買うとしたらどちらでしょう?

魚の王様「タイ」は誰もが知っている魚なので、名前を●●タイという名前にすることで、手に取りやすくなります。そのため、おめでたいマダイにアヤカリタイ!と似た名前がついたので、「あやかり鯛」と呼ばれることがあります。200種以上が知られています。

タイと売っていいのは?

「鯛茶漬け」等のように商品として「タイ」と表示していいのは、タイ科の魚だけ。

マダイ、チダイ、クロダイ、キダイ、ヘダイだけです。

ただ、キダイはレンコダイ、クロダイはチヌというように、地域によって名前はいろいろあり、キダイと売られていない場合もあります。

鯛より高いあやかりたい??

キンメダイ、アマダイのようにタイよりも高級な魚もいます。

これはあやかりたいというよりも、似ているから付いた名前でしょうか。

2種とも鯛よりも高いので、鯛のイメージよりもキンメダイやアマダイとして売ったほうが高く売れます。

あやかりたいは美味しくない?

知られていないからと言って美味しくないわけではありません。

例えば・・・タカノハダイ。

磯臭くて美味しくない、ウロコがビッシリで食べにくい!と言われますが、磯の香りが好きな人は美味しく食べれますし、ウロコを引いた後の皮は炙ってポン酢でゴリゴリと硬めの食感が楽しめます。

そしてイシガキダイ。

トゲは痛いけれど、美味しい高級魚です。あまり見慣れないかもしれませんね。似た魚でイシダイも美味しいですよ。

 

高い安い、食べやすい食べにくいではなく、その魚と向き合って食べて頂き鯛!

知らない魚も、まずは買って、自宅でどんな魚?と調べながら食べて頂きタイ!

様々な魚の「タイノタイ」を見つけ出して楽しむこともできますし、おススメです!

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー