アサリの年齢が知りたい! 小さくても5-6歳??

アサリの年齢

アサリは冬を越すときに線(年輪)が入ります。

なので、だいたいの年がわかります。わかりにくい場合もあるけれど、パックで買うとだいたい同じ大きさで、わかりやすい子↓こんな子が混じっています。

 

これは春に食べたあさりですが、黒い線が4本なので、大体4歳かな?とわかりますね。

なんで線ができるの?

どの生き物でも、一番生き残りやすい季節に生まれます(餌が多い春や夏が多いですね)。

生まれた後のあさりは潮の満ち引きで一日ごとに成長して日輪(にちりん)が刻まれます。

餌が少なくなる冬は、成長よりも生きるエネルギーに力を注ぐので成長がゆっくりになり、日輪の間が狭くなり、遠くから見ると線のように見えるため、一年に一回の年輪ができたように見えるのです。

他の生き物でも木の年輪や魚の耳石、鯨の耳垢栓(じこうせん)などで年齢がわかり、これが研究に役立てられる事も多いですね。

養殖しているトリガイでは、育てているカゴを洗ったタイミングでも線ができる(洗うタイミングで驚いて餌を食べなくなる?カゴについていた栄養が少なくなる?)ことがあるようです。

アサリも餌が少ない年は成長が悪かったりして、貝殻にアサリ人生が刻み込まれるんでしょうね。

生きもの以外で似ているのは・・・等高線は似てますね。

国土地理院1/25000「北軽井沢」より

 

そのうち、「アサリの解剖にチャレンジ!」も紹介しま~す。イカに負けず不思議な体を持っているアサリの秘密を知って、食卓で自慢しましょう!

« »