カメノテ って、 亀の手? 何の手?

カメノテ(亀の手)ってなに?

お魚屋さんで売っていたけれど・・・

え?これ、食べれるの?亀の手ってことは、こういうこと?

いいえ!手ではないんです。カメの手に似ているからカメノテと呼ばれているだけなんです。

海にいるカメノテはどんな姿?

カメノテは貝みたいですが貝よりもエビやカニの仲間(甲殻類)に近い生き物です。カメでもなく貝でもなく、ややこしい生き物ですね。

岩の隙間にビッシリと住んでいて、干潮(海の水が引くとき)は海から出ていることが多いです。

でも、満潮(海の水が多くなる時)の時は海の中に沈み、先から羽のような形の足が出て来て、ごはん(プランクトン)をかき集めるのです。

どうやって大きくなるの?

外の固い殻はそのままで、中の体はエビ等と同じで脱皮します。

初夏の海では、海の中をフワフワと漂っている姿を見る事ができます。足が上に見えますか?

三宅島にて。

海亀の手とカメノテを比べてみよう!

海亀の手をズバッと切ったわけではないとわかったはずですが、写真でも比べてみてください。

 

では・・・なんとなく正体が分かったので、「こちら」から食べ方を知って食べてみませんか?

エビとカニを合わせた味で、すごくおいしいんです。

« »