カツオの一本釣り 体験学習‐2

体験学習の準備と実施手順の説明です。

●カツオの一本釣り

釣り竿から伝わるカツオの重さを体感してもらって、船上で大変な作業をしている漁師さんの苦労を感じてもらい、その漁師さんと命を頂くお魚に感謝して、しっかり残さずに魚を食べてもらうことが目的です。

準備・作成

・道具のDIY

・釣竿は、中古の釣竿の加工でもできる(中古を釣具屋さんで安く分けてもらえればベスト)

・3本つなぎの2本を使用 1番先は使わない

・2番目の先端に「輪っか」を取り付ける

・糸はこんな感じ 釣具屋さんで作ってもらうとよい

・カツオは巾着袋を作成 白色の布地に染めた

・本物らしく縞模様で染め、ヒレを付ける 目はボタン

・中に入れるモノ(ペットボトルの大きさ)を工夫すれば対象年齢に幅を持たせて対応できる 重さ調節可能

・隙間はタオルなどを充填し形を整える

実施時の手順

・体育館のステージなど(1段高い場所)を利用して行うのが一般的だが、平面でも天井の高い場所なら工夫次第でできる。

小さな子供には一定距離を引っ張れればOK とする。

5年生以上には置いた机や椅子を的にカツオを乗せれば成功とする。

実施上の注意 ~先生/指導者へのお願い~

①始める前に竿と糸と模擬カツオの作りの強度と繋ぎの点検・チェックをしっかりとお願いします。

②力が余って釣り上げたカツオが飛んできてケガをしないように

・次の順番を待つ子供たちには、釣りをするお友達から十分に距離をとって、釣りをするお友達をしっかり見て応援させてください。

・釣り竿の曲がりの反動でカツオが飛び回らないように、釣り上げはゆっくりと。 引き揚げる程度や的(まと)は年齢と体力に合わせて調整、指示してください。(ゆっくり揚げた方が重さを感じます)

カツオ一本釣り 体験学習ー1

 

« »