飛行機で気圧の探求! 深海魚の目が飛び出る秘密も知ってしまおう!

気圧(きあつ)とは?

飛行機で耳がツーンと痛くなったことありませんか?あれ、気圧のせいです。

気圧は空気の圧力の事で、空気の重さと考えてください。

アナタの頭の上には、空気が沢山ありますが、さらに上がって・・・宇宙に行くと無くなるので気圧は低くなります。そのため、体の中にあった空気が膨らんで鼓膜を押すのでキーンと痛くなるのです。

山を登ったり、飛行機で空の上に行くと、あなたの上の空気は少なくなるので、空気の重さ、気圧は少なくなります。

空の上だと気圧は低くなる(自分より上の空気の重さが少なくなる)。

圧力の実験をしよう!大人と相談しながら楽しもう!

①お菓子を1000円分ぐらい買います。

できれば密閉された(袋が閉じている)ポテトチップスのようなものがいいですが、実験としては・・・密閉されていない、チョコレートなど自分の好きなお菓子をこのチャンスに買ってしまいましょう。

「自分で確かめることに意義がある!」ので、間違いと知っていても「それは意味がない!」と買わせない大人はいないハズですが、いたらと冷静に「自分の目で確かめたいのだ」と伝えましょう。間違っても「食べたいから」と白状しない事。

②高いところに行き、袋の形が変わるか見る。

できれば山や飛行機などの標高差が大きい場所がわかりやすいですが、うまくいかなかったら、再チャレンジすればいいですね。次、頑張ってください(あまったお菓子は、悪くなる前に食べてしまいましょう)。

おススメの場所は・・・やっぱり高い場所に行ける飛行機です。

飛行機の場合、離陸前に重ねて並べてみて・・・・

空の上でも同じように並べてみます。膨らんでいるのがわかりますね。

空の上では気圧が低くなって、地上と比べてギュウギュウ押されなくなるので袋状のものは膨らむ!という事です。

③もう一つ実験。空の上で炭酸はどうなるか?

炭酸飲料を注いでみると・・・空の上は気圧が低いので、炭酸の泡が地上にいる時よりも多めに出ているハズです。袋と同じで、水の中から逃げ出さないように押さえつけている空気が少ないという事です。

なお、ビールでも同じことが言えます。ヤッタネ!

どうしても頷いてくれない大人には、実験に付き合って!と相談すれば、キミはお菓子でニッコリ、大人はビールでニッコリの楽しい旅行になるかもしれませんヨ。

そしてもちろんシャンパンでも。

ファーストクラスで泡を見つめながら気圧について考えてみるなんて・・・素敵ですね。

水の中だと圧力はどうなるの?

空気中では気圧でしたが、水の中は水圧と呼ばれ、自分の上に水がどれだけ乗っかっているか??という意味になり、深い場所に行くほど水圧は高くなります。ぎゅうぎゅう押されてしまうのです。

そして・・空気と比べて水の方が重いので、水圧は大変そうですよね。

そんな水の中に住む魚の体にポテチの袋はありませんが、閉じた袋状の浮袋(うきぶくろ)があります。

浮袋は魚が水の中でエネルギーを消耗しないように、浮きもせず沈みもせずという絶妙なバランスを保つためのモノですが(「魚の浮袋はプカプカ浮くためではない!は「こちら」から)、釣られたりして突然深場から水面に引き上げられると・・・密閉されている魚のウキブクロはポテチ袋と同じように、水圧(水の重さ)がなくなる分、膨らみます。

なので、深い海から突然浅い場所に引き上げられると・・・浮袋が膨らんで内臓を押し、口から胃袋が飛び出る事があります。

他にも浮袋が膨らんでバランスが悪くなってうまく泳げなくなったり、内臓をギュウギュウ押してしまうので弱ってしまう場合も。なのでタイなどはヒトが針で浮袋に穴を開けて浮袋を潰して弱らないようにする事もあります。

他にも、メヌケと呼ばれる目玉が膨らみ目が抜けそうな魚もいます。

内臓の近くにある浮袋が膨らんでも目は押されません。

市場で見かけるメヌケは目玉に空気が入っていることが多いので、水圧の関係で押されていた小さな空気が水面近くに引き上げられることで空気が膨らんで目が大きく押されてしまうと言われています。

 

ちなみに深海魚は夜になると浅瀬に餌を食べるために水面近くに上がってくる場合もあります。

釣りのように一気に持ち上げられると気圧の調整ができずに浮袋や目が飛び出たりすることもありますが、エサを食べに上がってくる場合は、うまく調整する事で浮袋等が含まれないようになっています。

種類によっては浮袋が無く、肝臓や身の脂、アンモニア等で浮力を調整している種類もいるので、必ずしもすべての深海魚が目が飛び出たり胃袋が飛び出たりするわけでない事も面白いですよね。

 

というわけで、飛行機で耳がツーンとして嫌だなぁと考えていたら、美味しい魚のヒミツにつながってしまいました。

深海魚はおいしい?は「こちら」

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー