魚も残さずに食べて、残食ゼロ! 食育取組事例の紹介

食育の取組を頑張っている事例を紹介します。

○2022年9月 気仙沼の魚を学校給食に普及させる会から

独自開発のウェッブソフトを使いタブレット端末を操作しながら、こちらもICTを活用した食育授業が気仙沼市立中井小学校で実施されました。

子供たちの感想は「メカがもっと好きになった!」メカ:めかじきのことです。

新聞記事(三陸新報)は「こちら」。

授業の様子がニュース(ミヤテレ)で放映されています。下記をクリックしてご覧ください。

「漁師やってみたい」 宮城・気仙沼市内の小学校 メカジキ漁師による出前授業(ミヤギテレビ) – Yahoo!ニュース

○2022年8月 深谷市立深谷小学校から

個人の体質の問題は除いて、食べ物を残さずに食べるかどうかはどうも知識と意識の問題のようす。
食育の取組でなんでも食べる元気な子供達を育てることは出来そうです。

栄養教諭 佐々木規枝先生からの報告です。 下記をクリックしてください。
「コロナ禍におけるICTを活用した食育の取組 ~今ある環境の中でよりよい給食時間にするために~ 」

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー