マイクロプラスチックが怖い! 魚を食べていい?

マイクロプラスチックって何?

小さなプラスチック(5ミリ以下!)で、大きなプラスチックが砕けて小さくなる場合もあります。

海にも流れており、自然では分解されないのが問題と言われています。

一週間でクレジットカード一枚分のプラスチックを食べている?

ホコリのような状態のモノも含めて、気づかないうちに、食べたり吸ったりしていると言われています。

安全なの?魚は食べていい?

詳しい研究が進められています。今のところ、心配せずに大丈夫!口に入っても、プリっと出てきます。魚も同じです。体に残らずに、おしりからプリっと出てきます。

プラスチックに怖い物質が付いていて、それが鳥のカラダから見つかった!というのは、鳥が消化を速めるために体の中に石を入れてゴリゴリするはずが、プラスチックでゴリゴリしてしまった鳥の種類からです。ずっと体の中にプラスチックが残っていて、体に移ってしまったようです。全ての鳥ではありませんし、人間も魚も体を通る時間は短いので、心配しないで大丈夫。

プラスチックゴミを減らすにはどうすればいい?

一人一人がゴミを捨てない事、4R(断る、減らす、繰り返し使う、リサイクルする:順番が大事!)も忘れない事で、海や山にゴミがない世界にしたいですね。

マイクロプラスチックの事が詳しく知りたい人は「セミナー講演録」をどうぞ!

« »