アニサキスアレルギーでも食べていい魚や食べてもいい魚介類とは?

アニサキスアレルギーとは

アニサキス食中毒にかかった人は、アニサキスアレルギー検査を行うと、アニサキスアレルギーと診断されてしまいます(アニサキス食中毒の痛みはアレルギー反応による痛みなので当たり前です)。

そして、アニサキスアレルギーと診断された場合・・・予防原則により、魚は全て食べないようにと医師から指導されてしまい、戸惑う方が多いのが現状です。

普段魚を食べていて異常が無かった場合でも「魚介類をすべて食べないように」と言われる場合もあります。何しろ魚介類の出汁もダメと言われたら食べるものがなくなります。

食中毒になった人にアレルギー検査をしてもらった例とその後

ドンコの肝あえを食べてアニサキス食中毒になった人と、過去に食中毒になった知人2名にアレルギー検査をしてもらったところ、2人ともアニサキスアレルギーと診断されてショックを受けて帰ってきました。

このように本人は気づいていなくても、アニサキスアレルギーの検査をするとアニサキスアレルギーと診断され、魚を食べてはいけないと指導されてしまいます。

そして難しいのはアレルギーと診断されても、現時点の検査では生魚がダメなのか、加熱魚はどうなのか等はわからないということです。あくまでも14種類のミックスされた検査薬との反応があったという事しかわかりません。

結果として、普段通りの生活として2人とも魚を食べていますが、アナフィラキシーなどの反応が出る人もいるようなので注意が必要です(「こちら」より)。

一つの説として、生きたアニサキスが胃に潜り込む=蜂に刺されるようなもの。と言われています。それが体内にアニサキスの成分が入ってしまう事となるようで、やはり生きたアニサキスを体内に入れない事が重要です。

そもそもアレルギー検査とは?

血液検査はあくまでも補助的な検査であり、おおよそこのあたりのタベモノがアレルギーですよ、という目安のようなもので、その数値が高いからと言って全てがダメとは限りません。

また、検査によるレベル反応の大小がそのままアレルギー反応の大小(アナフィラキシー?少しかゆい程度?)とは限りません。体に出る症状は個人差があるのがさらにわかりにくく判断ができない理由でもあります。

ですが、アニサキスに関しては検査で陽性になると魚全てダメ!と予防原則が強めとなって指導されてしまうのです。

残念ながら全ての魚介類がダメな場合もありますが、ちょっと赤くなる程度でも魚をすべて食べないほうがいいのかは・・・個人の考え次第でしょうか。

不必要に心配しすぎず、正しく恐れる事!

ご自分の体と生活です。イメージではなく正しく知ってください。

人によって個人差が大きいため、アナフィラキシーを起こすのか、体が少しかゆくなる程度なのかでも考え方を変えてもよさそうです。

心配しすぎるあまり、「魚は食べない!」という生活は大変です。通常の生活に少しでも近づくためにどのように考えればいいのでしょうか?

病院の検査でわかる事 (魚介類は全て食べないでください??)

アニサキス体内からは14種類のアレルゲンが知られており、生きたアニサキスが出すアレルゲン、死んだアニサキスが関係するアレルゲンがあります。熱に強いタイプ(缶詰等熱がかかっていても壊れず残る)、熱に弱いタイプ(茹でると壊れて残らない)など様々です。

病院でアニサキスアレルギー検査をする際は上記14種類のアレルゲンをミックスした状態で検査しているため、14種のうちどれか一つでも反応するとアニサキスアレルギーと診断されてしまいます。

個人差があるため、14種全てでアレルギー反応が出たかもしれないし、1種だけで反応がでた可能性もあります。

例えば、アニサキスアレルギーで、熱に弱いタイプのアニサキスアレルゲンにだけ反応する人は、熱をかけた魚は食べても問題がないということも考えられます。

ただし、お医者さんは、最悪の場合を考えて、魚は全部食べないように指導しておかないと、何かがあったときに責任が生じるため、安全を考えて「魚は全部危ないです。」「川魚と養殖魚以外は魚介類はやめましょう」等と、本当は食べられる可能性はあるけれど予防原則としてより安全な方向で指導している例が多いです。

アニサキスアレルギーと検査結果が出ても「アニサキスなら冷凍していれば食べても大丈夫」と指導された例もありました。専門性が高い分野であり、アニサキス食中毒とアレルギーを混同しているお医者さんも存在している状態です。

診断された患者側からすると、熱に強いアレルゲンの反応があるかどうかで缶詰やソテーが食べられるか変わるので、さらに細かく検査ができるといいのですが、現状は検査体制が整っておらず、診断された人は何を食べればいいのか非常に困ってしまっているのが現状です。

血液検査の先・・・確定検査

血液検査は補助的な検査ですが、最終的に食べていいかどうかは、保険適用可能な「プリックテスト(スクラッチテスト)」と「経口負荷試験」という医師の監督下で実際に食べてみる試験で食べられるかどうかを確認する方法があります。

思いがけずアニサキスアレルギーと診断されたが、診断される直前まで異常なく生魚を普通に食べていたし・・・・とか、加熱した魚では反応が起きていないけど・・・魚介出汁まで食べない生活は無理だ!という方は、例えばこの場合は生きたアニサキスが出すアレルゲンだけに反応するのではないか?等と考える事ができそうなので、お医者さんと相談のうえで加熱済みの検体で試してみるのも一つの方法かもしれません。

このあたりは個人差があるので専門家と話し合いながら進める必要があります。

 

ここからは、専門家と話す際に必要となる基礎知識と、食べてよさそう、リスクの低そうな部位を考えていきましょう。

アニサキスアレルゲンの種類

現在14種類のアニサキスアレルゲンが発見されています。

アニサキスアレルギーでも食べて大丈夫!と考えられる魚とは?

研究が進んでいない分野ですが、アニサキスアレルギーになったとしても、魚は全部食べてはいけない!というわけではないかもしれません。その理由は?ということを考えていきます。

アレルギーは体質によって命にも関わり、アナフィラキシーショックを起こす場合もあります。だからと言って念には念を入れすぎて、ちょっと体がかゆくなる程度の人でも魚介類をすべて食べないように!となると、生活の質が下がってしまいます。

体質やアレルギー反応の重篤さ等によって判断しながらですが、現状、アニサキスアレルギーについては情報が少なすぎます。

そのため、どのように考えていくべきかを示し、諦めず、食べられる魚を安心して選び、美味しい魚を食べて頂きたい!と考えています。

アニサキスの生き方から、どこにいるか考える

まずアニサキスの生活を見てみましょう。

「海を漂うアニサキスの卵⇒甲殻類(オキアミ等)⇒中間宿主(サバ、イカ、イワシ等等)→海生哺乳類(イルカやクジラ)⇒海生哺乳類の体内で成体(成虫)となり海中に卵を放出」

アニサキスは海にいます。つまり、川魚は・・・海に出ていなければアニサキスが体内にいる可能性は非常に低いでしょう。

ただし、海から戻るシロザケ(秋鮭)は・・・ダメですね。

海草類やプランクトンを食べている貝殻のついた貝類はアニサキスはいないと考えていいでしょう。

個人差があるアレルギー。現実的に考える事も大事です。

「アニサキスアレルギーの人は、全ての魚介類を食べないように!」という表現について。

個人差がある、一番重篤な例の場合を想定していると思われます。

予防原則としては正しいでしょうが、一律で全員にそれを求めると、症状が軽い人にとって、「選択の自由」を奪うことになります。

これは、消費者の権利の一つでもあり、表示法では「可能性表示の禁止:入っているかもしれないという表現は、消費者の選択の自由を奪うので法律違反」でもあります。

消費者にとって現実的なメリットはどこにあるかということも重要です。

言葉で伝える場合は表現の自由ですが、不安を煽るのではなく、何がダメなのか、どれならリスクが低いのかを考える事が食の安心と生活の質には重要かもしれません。

エビカニアレルギーの人が、アサリなどの二枚貝に注意する事は周知されてきていますが、アニサキスアレルギーについてはその情報がありません。

そのためこのページでは、個人差がある中で、体質と体調をそれぞれが考えて何を食べるか判断するための情報を伝えるために作成しました。

新知見があれば追加していきますので情報がある方は「こちら」から連絡いただけますと幸いです。

アニサキスのリスクが低い魚

少しでもリスクがあるのをすべて避けるような、カンペキを求めると何も食べられなくなりますが、アニサキスがいる魚を避けるために、漁法から考えてみましょう。

食品はどれも何かしらのリスクがありますので、ご自分の体調・体質と相談しながらになりますが・・・。

育ち方(漁法)や部位から考える

その魚がどのように育ってきたか、そして部位を考えると、アニサキスアレルギーで魚は全てダメだ!と諦めないですみます。

養殖魚 サーモン、ブリ、カンパチ、タイ、ヒラメ・・・

リスクがとても低く食べて大丈夫と考えられます。ただし、天然の種苗(小さい魚)を太らせる畜養のサバはアニサキスがいる場合もあるので完全養殖のサバを選ぶなどがひつようとなります。

天然魚 マグロ等大型の魚で背中側

アニサキスは内臓の近くに多いので、①アニサキス食中毒事例が少ない②体が大きい魚の背中側はねらい目です。

魚種によって判断迷います(アニサキスが潜む魚種は?は「こちら」)。どの魚にも可能性はあるため、無理にとは言いませんが、どうしても食べたい!という場合は、部位で考えるとリスクは減ります。

アニサキス食中毒が多く発生した際に、刺身用に販売される柵が全てカツオの背中側になったお店があったのは、アニサキスがいる可能性が低い部位を選んで刺身用にしたためです。そう考えるとマグロの赤身は内臓から距離があるのでまず問題ないでしょう。

同様に、カツオブシも雄節(オブシ:背中側)は雌節(メブシ:お腹側でアニサキスが多い内臓の近く)より安全と考えられます。

年によってカツオに多い年や少ない年もあり、さらに個人差があるため、再現性を考えると難しい問題ではありますが、おおまかにはこのような考え方を持ってみてください。

重度のアレルギーの場合

個人差があるので、ごく微量でもアナフィラキシーショックを生じる場合もある事も覚えておく必要があります。

「畑の肥料や家畜の飼料には、魚の粉が混ざっている場合があります。その中にアニサキスが含まれていた魚がいたら、畑や家畜の肉は大丈夫なのか・・・畑の近くや強風の日は・・・」などの可能性も考える方も出てくるかもしれません。

そばアレルギーの方は、うどんを食べるときにそばと一緒に茹でていないか、の他にも、重度な方はそばを扱うお店に近寄らない、触れないようにするなどの生活をしていると聞きます。

個人差があるので難しい問題ではありますが、魚がどこに使われているのかを水産業の立場から発信する事で、重度な方の安心につながり、軽度な方の食の豊かさにつながればと考えています。

人生の豊かさに食は必要です。現実的に自分がどこまで許容できるか、体調や体質を考えた上で、美味しく安全に魚を食べてください!

 

絶対魚を食べろ!とは言いません。安全安全が最優先で楽しく、美味しく食を楽しむためにも、情報収集を続けていきます。

 

アニサキス情報をまとめたページは「こちら」から!

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー