魚の骨がノドに刺さったらどうする?予防方法と対策方法

魚の骨が喉に刺さった時の対策・・・

魚の骨が喉に刺さると・・・大人なら我慢できても、小さい子は吐いてしまう事も。

骨の事は嫌いでも魚の事は嫌いにならないでくだサイ!

病院が安心だけど・・・夜中など家庭でできることはナイの?と悩むこともあるでしょう。

というわけで、魚の骨をたくさん見てきたプロからの、アドバイスです。

自宅でできる簡単な方法(自分の力の範囲で)

人間の体は異物を体から出そうという働きがあります。

大きすぎれば吐き出すし、小さかったら消化してしまう。

「せきばらい」、②「ツバを飲み込む」などで骨が取れて欲しいトコロ。

引っかかっているぐらいで我慢できれば、③「ちょっと待つ」ことで自然に抜けるといいのですが・・どうですか??

外圧を少しだけ

ダメでしたか。では、先ほどより、何かの力をかけてみましょう。

「水をゴクンと飲む」、②「うがい」はどうでしょう。

それでもだめなら・・・小魚なら③「ご飯を飲み込む」手も。

ただし、ご飯飲み込みは骨を押し込んでしまうかもしれないので意見が分かれるところです。小魚なら大丈夫そうですが、タイなどの鋭く太いトゲの場合は押し込まないようにしたほうがよいでしょう。

大人なら、ノドの奥に見えていたら④「ピンセットで取る」という意見も。ただし、ピンセットでケガしないか?という心配があるので、先の丸いピンセットで注意しながら取ろうなど、各自で判断が必要です。

病院は何科に行けばいい?

モーダメ!ということで家で対応できない場合、病院です。

耳鼻科、耳鼻咽喉科で対応してもらえます。

子どもで軽微な場合は小児科で対応できる場合も。

でも・・・できれば行きたくないですね。

ということで、ここからは「どうすれば予防できるか」を考えましょう!

魚の骨が喉に刺さらない予防方法

何事も、「起きてから」ではなく「予防」が大事。骨がノドに入らない・刺さらないために・・・・

「目で見つける」か、②「歯で見つける」か。魚の種類によっては「③全て噛み砕く」という手もあります。お好みでどうぞ。

①目で見つける。骨がどこにあるか考えながら食べる

ヒレの根元、あばら骨、血合い骨など、「骨の位置を把握して食べる」ようにしましょう。

骨があるのでサンマの塩焼きをちくわのようにバクっと食べない事。

骨と身を一緒に噛むとそのままゴクッと飲み込みやすくなってしまいます。

口の中が空になってからサテサテ次は何を食べようか・・・と考えて動き始めると時間がかかります。

「口に入っている食べ物を噛みながら、次のひと口分の骨をお皿の上で取り出す」のがコツです。

 

小さいお子さん向けには親がしっかりと骨の位置を把握して食べさせれば安心です。

↓10か月の男の子にアーンと食べさせたサンマ。歯が無い赤ちゃんにとって、骨さえなければ魚の身はほぐれやすく食べやすいのです。

②歯で見つける→歯に当たった骨を口から取り出す

身より硬い骨は、噛めば歯に当たって骨がある事がわかります。

噛み砕いてもいいですが、指かおはしで取り出して、お皿に置きましょう。

口の中で歯に当たらないか30回ぐらいは噛んで食べれば喉に刺さるわけがありません。

「よく噛まずに飲み込んでいる人だけがノドに骨が刺さる」ので、ちょっと恥ずかしい事ですね・・・・。

食卓の魚は逃げないのでゆっくり食べましょうね。

③すべて噛み砕く。歯で見つける→歯ですり潰して食べる

煮干しを飲み込む人や、煮干しの骨を一本ずつ取り出すヒトはいませんよね?

人によって違いますが、小魚の骨は歯で砕いて食べることができます。

ただし!「奥歯で、ベロで骨の向きを変えながら骨を横にしながら噛むこと。歯茎に刺さると痛い!」ので、

それと同じで20センチぐらいのイワシなどは頭の骨も全てよく噛んで食べてしまう人もいます。

魚の種類や料理方法によりますが、自分がドコまで砕けるか試してみましょう。

おススメはホッケ。骨も脂も多くておすすめです。カリっと焼けていると砕きやすくなります。

イワシ、サンマも全身無くなるけど、味は15㎝を超えると頭と背骨は砕けない。鯛は小さくても硬くて丈夫なので勝負するのは無謀だ!などと、考えながら。

さすがにハリセンボンのウロコなんかは・・・勝負するオウマシカさんはいませんよね?

サメも食べないハリセンボンを砕こうとするのは無謀です。口の中が大けが!

 

そんなことを考えて、しっかり噛んで味わって、家だったら飲み込めない骨はお皿に出してもいいじゃないですか。

学校の給食も練習の場。目でチェックして見つけきれない骨が口の中で見つかったら、お皿に出してもいいですよ。

 

あ、ホッケは有名ですが、どんな模様の魚か知られていないかわいそうな魚です。

「ホッケの開きの食べ方」を見ながらホッケの生きている姿も再現してあげても面白いかも。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー