魚の骨がノドに刺さったらどうする?予防方法と対策方法

魚の骨が喉に刺さった時の対策・・・

魚の骨が喉に刺さると・・・大人なら我慢できても、小さい子は吐いてしまう事も。

骨の事は嫌いでも魚の事は嫌いにならないでくだサイ!

病院が安心だけど・・・夜中など家庭でできることはナイの?と悩むこともあるでしょう。

というわけで、魚の骨をたくさん見てきたプロとしてちょっとしたアドバイスです。

自宅でできる簡単な方法(自分の力の範囲で)

人間の体は異物を体から出そうという働きがあります。

咳払い、唾を飲み込むなどで骨が取れて欲しいトコロ。

我慢できればちょっと待って自然に抜けないか・・・様子を見ましょう。

外圧を少しだけ

ダメでしたか。では、先ほどより力をかけてみましょう。

うがいをしたり、水を飲んだりはどうでしょう。

それでもだめなら・・・小魚ならご飯を飲み込む手も。

ご飯は骨を押し込んでしまうかもしれないので意見が分かれるところですが・・・小魚なら大丈夫では?

他にも見えていたらピンセットで取るという意見も。ピンセットでケガしないか?という心配もあるので、先の丸いピンセットで取ろうなども家にあれば選択肢でいいのではないでしょうか?

なお、タイなどの鋭く太いトゲの場合や、見えない場所に刺さっているような場合は・・・・押し込まないようにしたほうがよさそうです。

病院は何科に行けばいい?

モーダメ、ということで病院は耳鼻科、耳鼻咽喉科です。

子どもで軽微な場合は小児科で対応できる場合も。

でも・・・できれば行きたくないですね。

どうすれば「予防できるか」も考えましょう!

魚の骨が喉に刺さらない予防方法

何事も、「起きてから」ではなく「予防」が大事。骨を喉に到達させないために・・・・

「目で見つける」か、「歯で見つける」か。魚の種類によっては「全て噛み砕く」という手もあります。お好みでどうぞ。

①骨がどこにあるか考えながら食べる

ヒレの根元、あばら骨、血合い骨などの骨の位置を把握して食べるようにしましょう。

小さいお子さん向けには親がしっかりと骨の位置を把握して食べさせれば安心です。

↓10か月の男の子にアーンと食べさせたサンマ。歯が無くても魚の身はほぐれて食べられます。

骨があるのでサンマの塩焼きをちくわのようにバクっと食べない事。

骨と身を一緒に噛むとそのままゴクッと飲み込みやすくなってしまいます。

口の中が空になってからサテサテ次は何を食べようか・・・と考えて動き始めると時間がかかります。

口に入っている食べ物を噛みながら、次のひと口分の骨をお皿の上で取り出すのがコツです。

②歯で見つける→歯に当たった骨を口から取り出す

身より硬い骨は歯に当たります。骨がある事がわかります。

指かおはしで取り出して、目立たないようにお皿に戻しましょう。

口の中で見つけられるように30回ぐらいは噛んで食べれば喉に刺さるわけがありません。

飲み込む癖のある人が喉に刺さってしまうことが多いのです・・・・。

食卓の魚は逃げないのでゆっくり食べましょうね。

③歯で見つける→歯ですり潰して食べる

煮干しを飲み込む人、煮干しの骨を一本ずつ取り出すヒトはいませんよね?

小魚の骨は歯ですり潰して全て食べることができます。

それと同じで20センチぐらいのイワシなどは頭の骨も全てよく噛んで食べてしまう人もいます。

魚の種類や料理方法によりますが、どこまで行けるかしっかり噛んで試してみましょう。

おススメはホッケ。骨も脂も多くておすすめです。

しっかり噛んで味わって、飲み込めない骨はお皿に出してもいいじゃないですか。家なら。

 

あ、ホッケは有名ですが、どんな模様の魚か知られていないかわいそうな魚です。

「ホッケの開きの食べ方」を見ながらホッケの生きている姿も再現してあげても面白いかも。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー