フグ毒 食中毒を考える しらす干しやチリメンのフグの稚魚は??

フグ毒

「フグは食べたし、命は惜しし」、「鉄砲」、「北枕」でもわかるように、フグは毒が有名です。

フグの調理には免許が必要なので、ほとんどが自分でさばいた場合の食中毒事例です。

※フグをさばくのは免許が必要です。自分では調理しないようにしましょう。

 

厚生労働省HPより引用

食べてもいいの?しらす干し、チリメンの中のフグの稚魚

シラスを取るときに、タコやイカの他、同じぐらいの大きさの稚魚たちが一緒に取れてしまいます。

手のひらの上のフグの赤ちゃん@6月の三宅島の漁港にて夜に採取。

このようなしらす干しに混ざる大きさの、トラフグやクサフグの稚魚の毒量は1ng程度と極めて微量で、成人の致死量はその100-200万倍とされています。

なので、しらす干しと一緒に誤ってフグの稚魚を食べてしまっても、健康への影響は極めて低いと考えてよさそうです。

ただ・・・しらす干しをスプーンでモリモリ食べる人はいないと思います。

それなりに見ながら食べれば自分で見つけて取り出せるので、自分の口の中に入れるものは自分でもチェックしましょう。

また、食品衛生法上、フグは毒がある場所を取り去ってから流通させないと法律違反となるため、一匹丸ごと入っている稚魚は、いかに小さくても販売禁止です。そのため、害がないとしても法律上は販売禁止=回収という構図ができてしまいます。

法律は法律ですが、生産者さんには厳しい世の中ですね・・・。

そして、消費者にとっても生産者さんが何度も目で見て確認する事で、しらす干しの値段も高くなってしまいます・・・。

この大きさより小さいフグはセーフ!等のルールがあると現実的なのですが・・・

なんでしらす干しやチリメンにフグが入るの?

一言でいうと「海の豊かさ」のためです。

春になると太陽光が強くなり植物プランクトンが増えて餌が増えて生き残りやすくなるので生き物は盛んに産卵し成長しようとします。

そのタイミングで同じぐらいの大きさのシラスを取ると、フグも入ってしまう場合があるのです。

日本の海の近くは魚の種類が多く、魚の群れは一種類だけとは限りません。そもそも「シラス」も一種類じゃないですしね・・・。

怖がりすぎず、海の力を感じながら、しらす干しを食べてほしいですね。

生きたまま逃がせばいいのに・・・・

確かに。でも、生きたまま逃がそうとすれば時間がかかってしまいます。

生魚ではすぐに鮮度が落ちてしまうので、ゆでて鮮度が落ちないようにしてから目で見てシラス以外を取り出すのが多いのです。

煮干しから取り出したフグたち。可哀そうな気もするけれど、このフグたちの分も、しらす干しを残さず食べましょうね。

 

「フグ毒以外の海の食中毒も、知ればそこまで怖くないですよ。

なんだか自然の力を感じたぞ!という方は、「魚が生まれて育つためのエネルギーについて」もどうぞ!

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー