水産業って何?

海の恵み「魚」を取り続けると減ります。魚をずっと食べていくために、
地球環境を考えている工夫とは?

カニを剥いたらカニがいた。何を言っているかわからない?

ワタリガニを食べよう!

ワタリガニを蒸したあと・・・

ふんどしを取って、甲羅をめくって食べよう!と思ったら、蟹がいました。

ちょっと見てください。

↓ん?ウチコ?オスだったよなぁ?

あ、脱皮前か!

脱皮前だ!

↓並べてみるとこんな感じ。

脱皮して大きくなるカニやエビは、タイミングによっては中に次の殻が準備していたりします。

柔らかな中のカニはそのまま食べることができるので、ちょっと貴重な体験ができます。

サワガニも・・・立派なカニ!

川の中にサワガニが。一匹は灰色。一匹は白っぽい。

近づいて捕まえてみると、灰色はヤワラカ~イ。白っぽい方は殻だった。

ということで、直前に脱皮したのだなとわかりました。

そーっと鳥などに見つかりにくい影に逃がしてあげました。

ソフトシェル シュリンプ・ソフトシェル クラブ

柔らかいカラのエビやカニ。脱皮直後に凍らせて全身食べるエビやカニの話は「こちら」から。

関連するカニビルの話も「こちら」からどうぞ。

一つの事がわかると、他の事も連鎖的にわかるようになるのが・・・生物の面白いところです!

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE