魚をさばく!スズキ編

東京湾大感謝祭料理教室で500世帯に鮮魚を配布しました。

トゲで怪我をしないようにと動画で注意喚起したつもりでしたが、40%がトゲなどで怪我をしてしまったとのこと。奮闘しているうちにいつの間にか・・・という方が多かったようです。

ヒレは最初に切ってしまうことをお薦めしますが、キッチンバサミで切れない特に太いトゲは、100均のニッパー等で途中でもいいので切ると、先が尖った状態よりはケガをしにくくなります。

 

スズキはエラの近くで怪我をしたという意見が多かったです。

エラのトゲを黒紙で見えやすくしました。初見の魚はさばく前に全身を指でゆっくり触って危険な個所を確認しましょう。

弱い部位(エラ・肛門)の近くはトゲが多い印象です。これを生き物の戦略と考えると、痛いトゲも微笑ましく見えてくるかもしれません。

指で触らずに、手全体で抑えることで力が分散してケガをしにくくなります。また、軍手を使うとケガしにくくなります。

 

エラは固い部分の三か所程度をハサミで切ると取れやすくなります。

まずはアゴの下を一か所。

次に左のエラ。頭の頂点に近い側をザクッと切ります。反対側も切ると三か所になります。

このスズキ(フッコ)は、釣ったばかりで心臓が動いていました。

どうりでエラがきれいな色ですね!

« »