魚をさばく!食べる! 魚種一覧(少しずつ更新中!)

魚をさばく!日常で続けやすい楽な裏ワザをご紹介!

出刃包丁でカッコよくは慣れてからでOK。家庭では、「ケガせず安全にラクチン」がポイントです。

まずは食べられれば大成功!技術は後からついてきます。

ヒレやトゲはハサミで切ってから・・・

食べるにも熟成させるにもヒレは邪魔なので、つかむためのオビレ以外切ります。

実は包丁よりも魚のトゲで怪我をする人の方が圧倒的に多い(5-10倍!)です。

見た目は悪くなるけれど、一番焦げやすいヒレが無いと、焼き魚の焦げ臭さ軽減の他、サバ味噌煮を食べるときにラク!です。

見た目と食べやすさのドチラを取るかはアナタ次第!

下処理は全てシンクの中で。エラと内臓を取ったら

大きい魚の骨は無理せず弱点を狙う!

背骨は硬くて包丁で指を落としそうになるので、キュウリぐらいの硬さの軟骨部分や、骨の形に添って刃を入れましょう。無理せず怪我せずに解体できます。

半身で1Kgを超える鯛もこんな感じ!

見た目は悪くても、怪我をするよりはいいでしょう。

他に、頭は切れ目を入れてからグルグル回して「ねじ切る」方法もあります。

ワニがシマウマの足を引きちぎるときにグルグル回す技、「デスロール」と一緒です。

魚のさばくときのコツ ウマクさばけなくても悲しまないで!

三枚おろしで骨に身がついても大丈夫。失敗してもスープができるので一石二鳥。

腹開きや背開きで干物のように二枚おろしだと、骨が出てこないので無駄なく食べることができます。干物の作り方は「こちら」!。

魚をさばく・食べるときのコツ

焼き魚のグリル掃除が嫌いな人はアルミホイルを使いましょう。油汚れが気になりません。

ヒレは焦げるので先に切ってしまう。

内臓の腐った匂いが嫌いな人は牛乳パックに入れて冷凍。お店でエラと内臓だけ取ってもらうのも手です。

魚のさばき方魚種一覧

基本は一緒なので4ー5種にチャレンジすれば、あとは何となくできるハズ。

見たことが無い魚こそ積極的にチャレンジすると、人気魚種に集中せずに海の資源を守ることにつながるかも?

「タイ」         初心者向け!刺身にチャレンジしたい方に。詳しくは「こちら」

「サンマ」        塩焼きもうまいけど・・・刺身!

「サケ」         骨が柔らかいので実はさばきやすい!

「ノドグロ(アカムツ)」 細いけど鋭いトゲ。美味しいので頑張ろう!

「メヒカリ」       簡単。カワイイ。おススメ。

「アイゴ」        トゲに毒があるが、潮の香りウマシ。

「ニザダイ・サンノジ」  潮の香りが強くても、味付け次第で抜群の旨さ!

「カツオ」        さばけるようになるとカッコいい!

「ヒラメ・カレイ」    5枚おろし。カレイもヒラメも一緒!

「マグロ の カマ」   刺身一直線!大トロのお隣!

「ホッケ」        刺身用に・・・冷凍してから!

「トクビレ・ハッカク」  エビカニのような甲殻類系の味がする美味しい魚!

江戸前の魚も紹介!

「キュウセン」      塩焼きがおススメ!

「コノシロ」       酢締めが簡単!

「スズキ」        エラとヒレのトゲに注意!

「太刀魚:タチウオ」   長い。歯に注意。

「ギンガメアジ」     アジ同様トゲは少ない。

「シタビラメ:クロウシノシタ」 薄い身を丸めながらさばくか・・・ウロコを取るだけか・・・。

「ドチザメ」       サメもさばけます!

「ツバクロエイ」     大きいだけ。かわいい。

魚介類

「エビ」         殻を剥いたり、背ワタを取ったり。頭を捨てると幸せの半分が消えます。

「カニ」         胃袋とエラと背ワタを取ったらあとは全て食べれる!

「ナマコ」        ゴーヤと同じ切り方!簡単すぎる!

「イカ」         茹でたり焼いたりなら、ハサミだけで十分!

「ホタルイカ」      イカがさばければ余裕!

「カメノテ」       食べ物です。さばく?というか剥く?

「ホヤ」         食べ物です。水がこぼれない様にシンクでどうぞ。

魚卵・内臓系 鯛の卵なども捨てたらもったいない!

「イクラ」               網でバラして熱をかければアニサキス対策もカンペキ!

「タラのシラコ」            食べやすい大きさに切って茹でるだけ!

「モウカノホシ(ネズミザメの心臓)」  既に心臓だけなので、血を流して切るだけです。レバ刺し好きは必見!

貝 ちょっとコツが必要。

「ツブガイ」       テトラミン(酔っぱらう)のある唾液腺に注意。一度見れば覚えます。

「カガミガイ」      身を取り出して砂袋取らないとジャリジャリ。

「ホンビノス」      詐欺のような砂抜き方法?

「ツメタガイ」      江戸前のあさりを食べるヤツ!この種を喰い尽くせ!

「ムールガイ」      足糸を切って表面を洗うだけ?

「ホタテ」        BBQで出汁をザザッとこぼさない裏ワザも!

「ヒザラガイ・マツバガイ・ベッコウガイ」 磯で捕ってみました。

 

このように気軽に食べる事で、「未利用魚・低利用魚」を食べる事にもつながります。

いい魚が近くのお店に無いのは、近所の人が支えていないから!自分たちで応援したいお店を作ってください!そして、身近で素敵な魚を食べれるようにしていただきたい!

保管方法 酸化と乾燥に注意して冷蔵・冷凍する方法

さばけるようになって次に困るのは、一尾5Kgで買ってしまった魚のその後。

一番は保存せずに「そのまま全て喰い尽くす」ですが、難しい場合は冷凍保存です。

冷凍・冷蔵方法 「こちら」から 酸化を防げば数か月保管できます。

タコやイカの保存方法は「こちら」から

エビの保存方法   トゲで袋に穴が開くので、新聞にくるんで水を入れて冷凍!がおススメです。

 

料理方法にあった大きさに切って冷凍しておき、冷凍庫から出して、あとは焼くだけ、煮るだけにすると、とてもラクチンで、おかずが時短で作れます。

冷凍庫のスペースをとらずに済むのもウレシイ!ですよ。

レベルアップ:もっとカッコよく・・そして簡単に皮引き

皮引きは色々なやり方があります。

というか・・・皮、美味しいですよ?湯引きや炙りで食べるのが正しいかと。

①湯引き ②炙り ③皮引き を↓5:00から紹介しています。バーナーは千円程度で買えて一生使えます。魚さばく人は持っていて損なしです。

番外編!

自然の生き物なので、寄生虫も生きるのに必死。イメージで怖がらないでくださいネ。

さばいていれば必ず会えるアニサキスが怖かったら、「アニサキス対策にもなる、解凍5分でいつでも刺身!時短方法」をどうぞ。

家庭用冷凍庫でも、工夫次第で毎日お刺身を食べる事ができます。

他にも知っていれば怖くない、「そのうち会える寄生虫達」おススメはウオノエです。

ロボットみたいでカッコイイ!よね?

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー