魚をさばく! 魚種一覧(少しずつ更新中!)

魚をさばく!

家庭では、「安全にラクチンに」がポイントです。

出刃包丁でカッコよくは慣れてからでOK。ケガせず楽ちんを目標にしましょう。

技術は後からついてくるので、まずは食べられれば大成功!

ヒレやトゲを切ってから・・・

食べるにも熟成させるにもヒレは雑菌がたまりやすく邪魔なので、全て場バッサリ切りましょう。

実は包丁よりも魚のトゲで怪我をする人の方が圧倒的に多いので、ヒレと一緒にハサミで切る。

焦げるヒレが無いと、焼き魚のにおいも少なくなります。

 

見たことが無い魚も気軽に買ってさばく事が海の資源も守ります。

魚のさばくときのコツ

焼き魚のグリル掃除が嫌いな人、内臓の腐った匂いが嫌いな人は「こちら」から楽しみながらチェック!

失敗してもスープができるので一石二鳥。イヤ、楽しいので一石三鳥!

魚のさばき方魚種一覧

種類によって少しずつ違うのが魚の難しく、楽しいところ!

サバは味噌煮前にヒレを切るだけで格段に食べやすくなります。

塩焼きもヒレが焦げやすいですが、焼く前に切っておくと匂いが気になりません。

見た目は悪くなるけれど・・どちらを取るかはアナタ次第!応用してみてください!

「ノドグロ(アカムツ)」 細いけど鋭いトゲ。美味しいので頑張る!

「メヒカリ」       簡単。カワイイ。おススメ。

「アイゴ」        トゲに毒があるが、潮の香りウマシ。

「カツオ」        さばけるようになるとカッコいい!

「ヒラメ・カレイ」    5枚おろし。カレイもヒラメも一緒!

「マグロ の カマ」   刺身一直線!大トロのお隣!

江戸前の魚も紹介!

「コノシロ」       簡単でおススメ!

「スズキ」        エラとヒレのトゲが鋭い。

「太刀魚:タチウオ」   長い。歯に注意。

「ギンガメアジ」     アジ同様トゲは少ない。

 

魚介類

「イカ」         茹でたり焼いたりなら、ハサミだけで十分!

「ホタルイカ」      イカがさばければ余裕!

「カメノテ」       食べ物です。さばく?というか剥く?

「ホヤ」         食べ物です。水がこぼれない様にシンクでどうぞ。

「モウカノホシ(ネズミザメの心臓)」  既に心臓だけなので、血を流して切るだけです。レバ刺し好きは必見!

 

貝 ちょっとコツが必要。

「ツブガイ」       テトラミン(酔っぱらう)のある唾液腺に注意。一度見れば覚える。

「カガミガイ」      身を取り出して砂袋取らないとジャリジャリ。

「ホンビノス」      詐欺のような砂抜き方法

「ツメタガイ」      江戸前のあさりを食べるヤツ!この種を喰い尽くせ!

「ムールガイ」      足糸を切って表面を洗うだけ?

「ホタテ」        BBQで出汁をザザッとこぼさない裏ワザ!

 

このように気軽に食べる事で、初見の魚、「未利用魚・低利用魚」を食べる事にもつながります。

身近で獲れる魚を普通に食べてください。

保管方法 冷蔵・冷凍等

さばけるようになって次に困るのは、一尾で5Kgのその後。

一番は保存せずに「そのまま喰い尽くす」ですが、難しい場合は保存しましょう。

魚の保存方法は「こちら」から

タコとイカの保存方法は「こちら」から

エビの保存方法は・・・トゲで袋に穴が開くので、新聞にくるんで水を入れて冷凍!がおススメです。

冷凍庫から出して、あとは焼くだけ、煮るだけにすると、とてもラクチンで、おかずが時短で作れます。

原料で冷凍すると、冷凍庫のスペースをとらずに済むのもウレシイ!ですよ。

番外編!

自然の生き物なので、寄生虫も生きるのに必死。イメージで怖がらないでくださいネ。

さばいていれば必ず会える「アニサキスを飼育する。アニサキスって飼えるんです」

知っていれば怖くない、「そのうち会える寄生虫達」おススメはウオノエです。

ロボットみたいでカッコイイ!よね?

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー