おさかなオモシロGOODS発見!!(19) 大型エビやカニの標本を作ろう!

エビの標本を作ろう!

コツさえわかれば、自分でエビの標本を作れます!

生きたエビをいつも準備するのは大変でも、標本ならば大きさや体の秘密を伝えやすくなりますね。

標本作りのススメ

昆虫標本と同じで形を整えて乾かすだけですが、違うのは中身を食べられるコト!

女子の自由研究でもOKかも??

①なるべくキレイに身を食べる。

②形を整えて早く乾かす

簡単に言うと上の2点です。

かさばって家の中がこんな風に大変なことになりますが、完成するとこんな感じで楽しいのでオススメです。

 

 

実は、脱皮したばかりのエビの殻の形を整えると、お肉が無くて簡単に標本が作れますが、浜辺でたまたま拾うぐらいしか手に入れられません。なので、食べた後のエビでチャレンジ!失敗したらまた食べよう!

なるべくキレイに身を食べる

セワタとエラ、胃袋以外は食べることができます。寡黙に食べるしかありません。

きれいに食べたエビやカニの甲羅をさらにきれいに!(セミエビ)

きれいに食べた後は・・・歯ブラシで細かいところまでこすりましょう。仕上げに台所用洗剤でこすると匂いや油が気にならなくなります。

胴体、頭の上、頭の下(足)の3パーツに分けるとクリーニングしやすいです。

一番大変なのは足パーツ。足をバラバラにすると大変なので、足の中の身は残してしまうことをオススメします。お出汁をとってお味噌汁ぐらいかな。

エラは水を含み腐りやすいので、思い切ってハサミでジョキジョキ切り、見えるお肉はピンセットで取ると、↓こんな感じに。

水気をふき取り、形を整える。

クッキングペーパーで大まかに水気をふき取ったら、針などで形を整えます。

発泡スチロールの上に海老を置いて、竹串でもOKですよ。

 

※実は、さばくときからきれいな標本が作れるかどうかは決まってしまうのです。

しっぽの腹側は、泳ぐ足の近くをハサミでうまく切っておくと、下のように固い部分をで下の指が触れているあたりに引っ掛けるようにすることで、形を整えられます。

乾燥させる(なるべく速く!)

ここでのポイントは扇風機。普通に乾かすと水気が残り腐ってしまう場合も。魚を腐らせないために干物も塩分や風で水を素早く取り去ります。この考え方と一緒です。2-3日風を当てればカラっと乾きます。

針で固定しておくと、乾く途中で形が変わりません。しっぽのような薄い部分は紙や段ボールで抑えてあげると乾燥途中に形が崩れにくくなります。

胴体部分と頭部分は乾くと合わせにくくなります。半日ぐらいで一旦合わせて形を整えて、完全に乾いてから木工用ボンドで固定します。角度が難しいけれど頑張って!

ボンドやシリコンで固定。

乾いたら、体の中にシリコンを注入して補強してもOK!

触っているうちに、パキパキ割れるのは仕方がない。しっぽ部分はボンドでフチを補強すると割れにくくなります。

お好みでプラモデル用などのスプレーで補強

壊れにくくなり、色も残りやすくなります(どうしても時間と共に色は無くなってしまいますが・・・)

スプレー前↓

スプレー後↓

上のタカアシガニはスプレーをしなかったので早く色落ちしてしまいました。

実は、カニの甲羅部分だけを乾かすだけもお勧めです。口がペンチのようだとわかったり、種類によってトゲが多かったり、固さに特化していたりと、見るだけでも生きものの不思議さがイロイロわかります。

注意点

・割れた!

木工用ボンドなどで直しましょう。触るほどに壊れていくのは仕方がない。

・色がなくなった!

色落ちも仕方がない。

割れたり、色落ちに悲しい気持ちになったら、もう一回エビを買ってもらい、笑顔で美味しく食べてから再チャレンジしましょう。

・保管方法

チャック付きの袋などに入れて保管すれば、匂いも漏れず、カビも生えず、虫が付きにくいです。

・虫がついた場合は

固い殻でもカツオブシムシ(鰹節や骨等固い乾燥したモノを食べてしまう虫)などがつく場合があります。その場合は、チャック袋に入れたままで、2-3日冷凍庫へ入れると虫は死にます。その後、軽くたたいてゴミを落としてから、袋を変えて保存すればOK!念のため1年に一度冷凍するのもおすすめです。

 

番外編①:泳ぐエビで作ってみた

ボタンエビでも同じように作れますが、殻が薄くてチョット難しい!

上は生のまま、下は茹でてみました。生のままは少し残った肉が黒く変色したり。

番外編②

さかなの口の中から出てくるカワイイウオノエを乾かしたい!

でもヒレなどが多くてなかなか乾きにくい!

ということで冷凍庫で3か月放置したら・・・カラッカラに乾きました。

冷凍庫の中で体内の水分が昇華して乾いていく、フリーズドライの原理です。

これで完成でもいいかな。

最後に

標本の作り方に正解はありません。子どもたちが壊してしまってもいいくらい触らせたいなら時間をかけずにパパっとストック含めて作ってもいいですし、シッカリ保管したいなら壊れないようにキレイに作ってもいいでしょう。

繰り返すとドンドンうまくなるはずですので、エビたちをしっかり隅々まで食べながら自分なりに試してみて、お好みの標本を作ってみてください!

その他、質問があればこちら」から。このページで説明を増やしていきますネ。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー