魚をさばく! 太刀魚(タチウオ)をさばく!  江戸前! =東京湾

太刀魚

誰もが憧れるカッコいいタチウオ。江戸前産を入手。

ナイフのような歯に注意!

エラにも歯が。おわかりいただけるだろうか。気を付けながらいつもの場所を切る。

ここまで来たら後はラクチン。

ヒレ、内臓を切り、食べやすい大きさに。

ヒレは痛くない。

きれいだけれど切ってしまう。

内臓は、アゴ下から、おしりまで切り開いてから・・・

内臓を取り、軽く洗う。

血合い部分に刃を入れて歯ブラシや骨抜きで血合いを取る。

キレイにできたけれど、長くて邪魔!冷蔵庫に入らない!

適当な長さに刃を入れる。まな板の上でもOK。

片側だけで骨は切らずに。ひっくり返して反対側も背骨以外を切る。

背骨だけが付いている状態、これをデスロール。グルグル回転させてねじ切る。

切れた!しっぽはハサミでチョキン。

 

頭は内側から背骨の境目に切れ目を入れる。

反対側も切れ目を入れれば頭は離れていく。離れない場合はグルグル回して外してもOK。

 

頭はそのままスープに。

身はお刺身用にしたいので水分を吸いつつ冷蔵庫へ!

背びれの根元の骨は長く鋭く硬いので注意!

美味しい塩焼きですが、背びれの根っこは、焼いてから先にまとめて取ってしまう事をおススメします!

なお、新鮮な場合は内臓をとらずにそのまま塩焼きがおススメです。切るだけ!という素晴らしさ。

 

他の魚介類のさばくコツは「こちら」で。

魚介類の保存方法は「こちら」で。

家庭での調理は誰も見てません。ラクチンに考えて美味しい魚を食べてくださいね。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー