ホタルイカをさばく! 釜ゆでから刺身まで ホタルイカを食べる

ホタルイカをさばく!

ホタルイカは小さくて可愛くてオイシソウですが、寄生虫がいるので内臓は生食してはダメ!です。

加熱が多いですが、刺身の場合は①冷凍か②内臓を取れば食べられます。

食べ方例 加熱 釜ゆで(桜煮)

沸騰したお湯に30秒か中心まで60度以上になれば安心です。

家では沸騰したお湯に2分程度でどうぞ。

↓塩を少し入れた沸騰したお湯にエイ!一部お湯につかっていなくて目が透明!しっかり浸して!

↓そろそろ2分。イカの皮(収縮胞)から桜色が染み出ていますね。

桜の時期の桜の色になる釜ゆでが桜煮とも呼ばれます。

お湯から揚げたら、すぐに冷やすことで旨味が逃げにくくなるので、氷水がおススメ。

ザルに上げるとプックラ美味しそう。

酢味噌でもお塩でもお好みでどうぞ!

食べ方例 加熱 天ぷら

食べ方例 加熱 炊き込みご飯

プロの技。目玉と骨は取り去られ、お米を炊いた後に並べて熱を通していました。

食べ方例 生食(解凍) さしみ

冷凍されている場合は丸ごとでもOKです。

冷凍されてから解凍された状態で、このように売られています。パクっとどうぞ!

目が苦手な方は・・・頑張って取ってください。

食べ方例 生食 さしみ

内臓を取ること。足と胴体部分を刺身として食べます。

ホタルイカは小さいのでスルメイカよりも難しいですが、基本は一緒です。

ホタルイカのさばき方

「こちら」のいかのさばき方を参考に。いいですが・・・。

ハサミでチョキンと胴体を切って・・・口をピンセットで取って・・・・

腕をつかんで胴体と切り離し・・・・

骨を抜いて。。。。

水でザザッと洗って盛り付けてください!

手間を考えると大変ですが、身投げしたホタルイカは砂を噛んでいることがあるので、このようにしてあげるといいですね。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー