魚をさばく ドチザメ かっこいい!歯が素敵!

サメをさばく!ドチザメ!

軟骨魚類であるサメ。

サメなんて・・・と思わないでくださいネ。

煮凝りに、はんぺんに色々と食べているハズですよ。

 

エイ同様、硬い骨はないのでさばくのは簡単。

①歯を見る

怪我をしないようにチェック。かたい部分は歯とウロコだけ。

サメと聞くと怖いかもしれないけれど、この歯なら怪我しなさそう。

②内臓を取る

おしりの穴から喉の方へ包丁かハサミを入れます。

丈夫なサメ肌で包丁が負けるので、皮の外側からではなく、内側から刃を当てると刃が悪くなりにくいです。

③ヒレを切り、適度な大きさに切る。

ヒレはハサミで切りましょう。

④ウロコを取る。

ウロコを取る場合、大きい場合は皮を引いた方がいいですが、お湯をかけて撫でてあげてもいいですね。

尾びれに・・・

ヤカンでお湯をかけて・・・

こすると鱗が取れます。

⑤食べる

ヒレだけをきれいにしてみました。

本当のスープは乾かして・・・ですが、このままふかひれスープにしようかしら?

⑤食べる 刺身!

身もこのように三枚に下ろせます。

背骨も軟骨なので食べることができます。

刺身の場合は熱湯ではなく皮を引く方がいいですね。

というわけで皮が丈夫なサメもこのようにさばくことができます。

 

他の魚のさばき方等は「こちら」から!

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー