ニザダイをさばく!サンノジとも呼ぶ、潮の香りが強めな魚!

ニザダイ・サンノジとは?

こんな魚です。シッポの近くに三本の線があるのでサンノジ!

シリビレの青い色がとてもキレイ。

皮を引くと皮目が鯛に似てるけれど、味はマダマダ、ということで・・・にいせ(新背=青二才)なタイが・・なまってニザダイ。

そのシッポの近くには、危険なガラス質の武器が!

敵に追われて噛みつかれても、スパッと逃げ切れそう。さばく時は怪我しないようにしてください。

磯の香りが強め?

ニザダイは海藻が主食で細かい歯で海藻を食べます。細かい歯がゾロゾロっと。

消化のために内臓が長く、磯の香りが内臓から身に移りやすく、時期によっては潮の香りが強めです。

なので速やかに取り除きます。

この子は6月末に三宅島でモリで突いてすぐに内臓を引っ張り出しました(が・・・最後に続く)。

サンノジをさばく!

ヒレを切って、頭を切って三枚におろすのはいつも通り。

皮自体はカワハギのような感じで丈夫だけれど、カワハギのように剥ぐよりは引くのをおすすめします。

 

黒っぽい皮の下はきれいな白身。鯛のような模様です

え?皮引き失敗してるねっ!て?そうです。皆さんが自信を持てるように・・・これぐらいでいいのでイロイロチャレンジしてくださいね。

磯の香りが強すぎる!そんな時・・・

この個体は、今まで食べたニザダイの中で特に香りが強くて、魚好きの私でも正直チョットつらかったのです。

そんな時は・・・レモンで食べてみたり色々ためしてみましたが、なかなかシックリこず・・・・。

最後に邪道かなと思いながらもニンニク醤油で食べたところ、抜群の旨さ!でした。

ニンニク醤油が食卓に並んだとたん、隣に置いていたハクセイハギの刺身よりも先にニザダイの刺身が無くなってしまったほど。貝(潮の香り)が苦手な妻も絶賛でした。

 

というわけで、お刺身は醤油だけで食べなくていいのです。

カキの塩の香りをレモンサッパリさせたり、カツオの血生臭さをワサビやショウガで爽やかにさせるように、潮の香りが強い時は、ニンニク醤油もお薦めです。

そのような工夫を知っていれば、未利用魚と呼ばれる魚達も美味しく食べることができます(詳しくは「こちら」)。要は腕、知識です。

 

さて、怖いものは無くなった人は、「こちら」からバンバン魚をさばきましょう!

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー