鯛を知りタイ!知らせタイ! 食育しタイ! 保育園・幼稚園編

体験しよう!

知識と体験は別物!鯛を目の前に置いて、触りましょう!

タイを確保!

お店で3-4日前に予約できます大きさや相場にもよりますが、「1000-2000円」と予算を伝えればOK。「ウロコと内臓はとる?」と聞かれるので、「海で泳いでいた姿」を見せたい場合は「そのままで!」で。目的によって「ウロコとエラは残して内臓だけ取って!」等もお願いできます。

※海で泳いでいた姿を見せた後に、自分たちで何とかしタイ!という場合、塩焼きならば、「怪我無く簡単にキッチンバサミだけでさばく方法」もあるのでご参考に。

しっかり冷やして持ち帰り、氷の上で楽しめばお刺身で食べる事もできますよる鮮度の鯛がほとんどです。お店で聞いてみましょう!

準備

真水でザザッと海のバイキンを流してから、余分な水分はふき取ってから触らせると汚れにくいです。

口が固くて開かない場合は大人が先に開閉させておくとスムーズです。スプーンを使ってもOK。

触る前後に手洗いも忘れずに!

タイを触る時にはトゲには注意!

最初にチクチクを、そっと触らせます。

イテテ!となったら、頭から「イイコだね~」となでれば、トゲが刺さらない事も伝えます。

シリビレとムナビレにトゲがありますが、頭側からなでれば大丈夫。ゆっくりさわれば刺さりません。(食べられないようにトゲがあり、泳ぐときに邪魔にならないように向きによって刺さりません。)

自由にさわらせる

しっぽを持ってみたり、目をつついてみたり。感触も楽しめます。

触りたくない!という子もいます。そりゃそうですよね。大人でもいきなりタイが目の前に来たらびっくりします。

持ち上げてツルっと滑ったときはトゲが刺さるかもしれないので注意。

ウロコをはがしてみたり、ヒレを広げたり閉じたりして見たり。

ウロコは体を守るため。ヒレは泳ぐため。それぞれ役割があります。

タイが食べた物はどこに行くの?

やっぱり気になるのは口の中。

鯛の歯は鋭さはなく、触っても痛くないので安心です。

この歯でエビなどをゴリゴリ砕くのです。ベロも見えますね。

口が開いたら、水を入れたくなるので、口から水を飲ませると、指が入っている場所から水が流れ出ていきます。

なんでこんなところに穴が??開けてみると・・・

エラがありました。ここでみんなと一緒に息をしているよ。

みんなは空気を「吸って~吐いて~吸って~吐いて~」しているけれど、お魚はお水の中にある小さな空気をこのエラで「吸って~吐いて~吸って~吐いて~」しているよ。

 

口から指を入れてみると、トンネルになっていて指が見えます。

食べたものがここから出ちゃうかも?

いえいえ、エラの近くに硬いザルのようなものがあって、水はここから出て、食べ物は胃袋に進むようになっています。よかった!

 

どうやったらみんなが食べられるの?

魚は食べられないように、トゲやウロコで身を守っていて、骨もあります。

これらの固い部分は食べられません。

ウロコがある時にフォークで刺そうとしてもなかなか刺さりません。

なので、食べる時は・・・ウロコやとげを取ってから。

しっぽ側からガリガリスプーンで引っ掛けるとキレイにとれます(※トゲには注意。「こちら」にあるように、トゲの先だけを切ると安心です)。

こうやってみんなが魚を食べられるようになるんだね。

食べタイ!

保育園などでは塩焼きでしっかり熱を通すのがおススメです。

園児が食べられない環境の場合は先生方が食べて感想を伝えてあげましょう。

 

他の説明は小学生編に続く!

« »