寄生虫 クドア 食中毒を考える

2011年に韓国産養殖ヒラメから発見された、目での発見はできない寄生虫で、海域で感染すると言われています。

平成25年以降厚生労働省への報告が義務付けられ、平均20件/年の食中毒事例があり、魚種はヒラメが96%で、他の魚種での報告例はありません。

加熱もしくは冷凍で死滅し、写真は花のような形の寄生虫です。

独立行政法人水産総合研究センターHPより引用

クドアの感染は検査によってわかります。種苗、養殖中、出荷前の検査などによって感染しているヒラメが流通しないように工夫が進められています。

 

〇クドア食中毒による 営業停止について

目視では発見できないため、厚生労働省医薬食品局食品安全部長より、クドアを原因とする食中毒については、営業禁止及び停止の期間の設定は不要であると平成24年6月に通達が出ています。

 

 

 

 

« »