魚をさばく! 初心者~刺身づくりまで 安全に楽しく魚生活!

魚を楽にさばく

カッコイイさばき方、多くのレシピ情報があふれる世の中になりましたが、「目の前の丸魚をどうさばくのか、刺身で食べられるのか、わからない!」という方のための情報ページを目指しました。

このページだけで、どの魚もさばける様になったら嬉しいのですが、あくまでも導入部分です。どんなことを考えればいいかの目次のようなイメージで参考にしていただければ。

和食・魚食文化を守り続け、おいしい魚を安全に食べ続けるためには、各自が勉強して知識を身につける事も重要です。その結果、自分の身と日本の食文化を守ることになります!

楽しい食卓のためには、「怪我せず安全にラクチンに!鉄則!

家の包丁(三徳包丁)で力を使わずに、どんな魚(大物2Kgぐらいから太刀魚のような長物など)でも安全にさばきたいですよね。

ラクチンに、ハサミやスプーンでタイの内臓を取り、その後内臓が匂わない方法や、焼き魚でグリルや網があぶらまみれにならない方法を紹介します!

〇目からウロコの魚のさばき方教室!

○ポイント

・下処理はシンクでハサミを使う。

・生ごみは牛乳パックで冷凍に!

〇さばいたら・・自宅で「鯛の塩焼き!」にチャレンジ

○ポイント

塩焼きにはアルミホイルを使ってもラクチン。

3-4日前に予約しておけば魚屋さん、スーパーで鯛を一尾準備してくれます!

「内臓抜きで!」とかお願いしても、自分でカッコよくさばいてもOK!

〇お魚スープ 5分でアラ汁!

もう一品スープが欲しい方、三枚おろしの骨に身がたくさんついて心が痛い方に!

アジやタイは特におススメ。なので、どんな魚も、先にシンクでエラと内臓を抜きましょ!

・三枚おろしで悲しくなっても絶品スープが作れます。

・ウロコ取りは、ペットボトルのフタもお薦めです(でも、指とトゲの距離が近くなるのでご注意)!

・ディスポーザーに大型魚のウロコや内臓を入れると故障する例があるので注意!とか・・・。

トゲに注意!スズキノドグロ・・・・・自分のペースでお財布とも相談しながら、お好みの魚を楽しみましょう!

どんな形の魚でも、基本は一緒。

変な形のイトヒキアジも、はさみで糸みたいなヒレを切り、アジの特徴であるゼイゴを取れば簡単にさばけますね。種類、季節、部位によって味が変わるいろいろな魚たちを楽しみながら食べていただきたいです。

下のようにハサミをトゲを先に切れば毒トゲのある魚でも、とっても簡単にさばけます。

「こちら」から魚種別の方法を覚えたら、あとは応用するだけ!

 

〇自宅でお刺身

魚に限らず、食事にはリスクがあり、生食はさらに注意が必要ですが、知識をシッカリ理解することで安全に近づきます。

恐れすぎては何も食べられなくなります。自分と大切な人との楽しい食生活のためにも、水産物の食中毒(寄生虫・細菌・毒等)←「クリック!」について自分のペースで覚えてください。

怖がらずに・・・まずはハードルを低くするために、初心者は「養殖魚でお刺身にチャレンジ!」を参考に。

○ポイント

・養殖魚は鮮度が一定

・養殖魚は寄生虫アニサキスの心配がない!

・刺身初心者は養殖魚一択!

 

しっかり冷やしてバイキンを増やさないように考えながら、お刺身にしていい身質や内臓のプルプルを覚えましょう!

慣れたらイヨイヨ天然魚にチャレンジ!

天然魚は特に寄生虫に注意です。冷凍すれば死ぬので、自信がなければ最初は冷凍してもいいでしょう。あとは、アニサキスいそうかな?と思ったら無理をせず加熱するとか、刺身以外で食べる心の余裕も大事です。

アニサキスの詳しい情報は「こちら」から!

 

今後の皆さんの人生の中で、一回でも多く幸せな食卓を囲んでほしいです。そして、そこに魚介類が並んでいてくれると嬉しいです。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー