海藻?海草?どちらが正しい?違いはあるの? 藻場の役割も紹介!

読み方は同じ海藻と海草。

海草はウミクサと呼んで区別する事もありますが、大抵特に気にせず使っている言葉ではないでしょうか?実は明確な違いがあります。

海藻

藻の仲間で葉、茎、根がハッキリわかれておらず、キノコなどと同じように胞子で増えます。

ノリ、ワカメ、コンブ、ヒジキ等々サラダにもできますね。

海草

種ができる種子植物で、葉、茎、根が区別できることも特徴です。

陸で適応した後に、海で生きていくようになったためと考えられています。

根っこがあるので、海藻類が棲みにくい砂や泥の海底でも生きる事ができます。

海藻サラダ?海草サラダ?

食べられる海草は少ないので一般的には「海藻サラダ」です。

海の草という意味で海草(カイソウ)と言っている場合は「海草サラダ」と書いてしまってもOKです。

藻場と役割

海草のアマモ、海藻のガラモ、アラメ、カジメ、コンブ、ワカメなどが茂る場所を藻場と呼びます。

スクリューに巻き付いて邪魔!と言われることもありますが、自然の中で様々な役割があります。

①たくさんの生き物が生きていける(生物多様性の確保)

隠れ家になるので、多くの生き物が住み着いたり産卵場所になります。

横浜の海の公園で、アマモ場に網を入れてみると・・・

小さなイカの赤ちゃんがいたり。

 

アカモクを浮かべて想像してみることもできますよ。「こちら」から

アマモ場にはジュゴンがアマモを食べに訪れます。小さい魚だけではないんですね。

チョット不思議な生き物、ワレカラもいます。

立体的なマンションのような場所があるとこんなにたくさん!

魚になってバクバク食べてしまいたい!

②水をきれいに(水質の浄化)

栄養があれば成長するときにその栄養を取り込みます。

光合成で酸素を海に供給します。

③海岸線を守る

防風林のような役目)波や潮の流れがやわらぎ、海岸線が流されないようにします

④環境学習やレジャーとして

シュノーケリングや生きもの観察など、

日焼け止めはもちろん、ライフジャケットなど命を守る備えも忘れずに楽しみましょう。

潜るのはちょっと・・・という方は、潮干狩りでマテガイ堀りもおすすめです。「こちら」から!

海藻は何色?

もっと海藻を知りたい人はスーパーで買ってみてもいいですね。

生えている深さによって緑、赤、茶色など様々。ワカメの色が緑色だと思っている人は、「こちら」から真実の姿を確認してみてください。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー