アニサキスが潜む魚種は??

アニサキス食中毒で特定されている魚種

厚生労働省に届けられた平成27-令和元年7年間の食中毒データは1450件。

このうち、アニサキスの食中毒は平均207件/年、7年で1400件でした。

1400件のうち6割(870件)は盛り合わせなどで魚種が判明していませんが、魚種が特定されている4割から傾向は掴めます。

魚種別にサバ→カツオ→サンマ→アジ→イワシの順に多いので、この魚種をさばくときは特に注意した方がよいでしょう。

※医療データから、アニサキスの食中毒は7000件/年という説もあります。

※カツオは2位ですが、H30年だけ突出して多く、この一年で7年合計の8割(106件中83件)を占めています。このように年によって割合も異なるため情報収集も重要です(市場ではスグに情報共有されていたので、そのような情報に強いお店から購入するのも大事です)。

サンマのアニサキス食中毒は、技術が発達したから??

刺身用の高鮮度のサンマが流通し始めた2000年頃から、関東や関西で焼いて食べるだけだったサンマが生食されるようになり、アニサキス食中毒が増加しました。

昔は刺身がゼロだったのであたり前の事ですが・・・。

生のサンマの刺身は抜群に美味しいですが、冷凍でも刺し身にできる鮮度のサンマもあります。

一人一人が自分が許せる範囲とおいしさの追求を天秤に考えながら、楽しめるといいですね。

アニサキスの一生から、アニサキスが潜む魚種を考える

上のデータは、一般的によく食べられている魚種が上位にきているだけで、他の魚種が多く食べられた場合は順位が変動する可能性は十分にあります。

「どの魚にもいるかもしれない」と考えるのも大事ですが、一つの目安としてアニサキスの一生から考えるとわかりやすくなります。

アニサキスは「海を漂うアニサキスの卵⇒甲殻類(オキアミ等)⇒中間宿主(サバ、イカ、イワシ等等)→海生哺乳類(イルカやクジラ)⇒海生哺乳類の体内で成体(成虫)となり海中に卵を放出」という生活環で一生を過ごします。

各ステージで全てが感染するわけではなく、例えばサバが膨大な数のオキアミの中のアニサキスを摂取した結果、その内のアニサキスの一部がサバに居座る状態となります(全てが感染したら最強の生物になりますよね)

餌量を考えても感染力はそこまで高くないと考えられますが、オキアミを食べる魚は全て中間宿主の可能性があります。

日本周辺では、マサバ、スルメイカ、サンマなど150種が確認されていますが、上に揚げたカツオのように、年によっても潜む数などは変わります。

 

なるほど!とわかってくれた方は、「こちら」のまとめページからアニサキスについて詳しくなってください!

« »