アニサキスが潜む魚種は??クジラが増えたから?

アニサキス食中毒で特定されている魚種

厚生労働省に届けられた平成27-令和元年7年間の食中毒データは1450件。

このうち、アニサキスの食中毒は平均207件/年、7年で1400件でした。

1400件のうち6割(870件)は盛り合わせなどで魚種が特定できていませんが、魚種が特定されている4割から傾向は掴めます。

魚種別にサバ→カツオ→サンマ→アジ→イワシの順に多いので、この魚種をさばくときは特に注意した方がよいでしょう。

※医療データから、アニサキスの食中毒は7000件/年という説もあります。

※カツオは2位ですが、「2018年にカツオにアニサキスが増えた理由」で説明しているようにこの年だけ突出して多く、この一年で7年合計の8割(106件中83件)を占めています。

市場ではスグに情報共有されていたので、そのような情報に強いお店から購入するのも大事です。

クジラが増えたから?

アニサキスの最終宿主はイルカやクジラです。

クジラが増えたのでアニサキスが増えた!という話もあります。

クジラが増えているのは事実ですが・・・寿命が魚より一般的には長いクジラという事を考えると、潮の流れや魚達の移動の方が大きく関係しそうです。上のカツオの例では潮の流れが影響していたとわかっています。

また、2013年以降アニサキスに関しては食中毒として個別に集計されるようになったことから増えたように感じられますが、潜在的な食中毒患者は7000人とも計算されます。詳しくは「国立感染症研究所のデータ」をどうぞ。医療機関が健康保険組合などに提出している診療報酬明細書を用いた資産なので、信憑性あるのです。これを根拠に考えると、実際ある件数が判明しているわけではなく、SNSでの情報や、メディアによる報道で心配になって病院に行くことで増えたように見える・医師も報告しとくか・・という感じで件数が増えるという特徴もあります。

サンマのアニサキス食中毒は、技術が発達したから??

刺身用の高鮮度のサンマが流通し始めた2000年頃から、関東や関西で焼いて食べるだけだったサンマがシッカリと冷やされることで生食できる鮮度で流通されるようになりました。

もちろん、鮮度が高いまま流通できるようになったことで「腸炎ビブリオ」による食中毒は30年前と比較して1/100に激減していたりもしますので、段違いに鮮度がよくなったのはイイコトです。

一方で、昔は焼き魚にして刺身で食べなかった地域で刺身を楽しめるようになったことでアニサキス食中毒につながっている(ゼロとの比較なので増えたとも言えますが・・・)という側面もあります。

生のサンマの刺身は抜群に美味しいですが、そのことも考えてシッカリ判断して料理する必要があります。

私はサンマの銀色の腹を見ると刺身が食べたくなりますが、一人一人が自分が許せる範囲とおいしさの追求を天秤に考えながら、楽しめるといいですね。

不安なら冷凍しても脂の旨さは楽しめます。上手な冷凍方法は「5分で刺身が食べれる時短裏ワザ」からどうぞ!無茶しちゃダメ!

アニサキスの一生から、アニサキスが潜む魚種を考える

上のデータは、一般的によく食べられている魚種が上位にきているだけで、他の魚種が多く食べられた場合は順位が変動する可能性は十分にあります。

「どの魚にもいるかもしれない」と考えるのも大事ですが、一つの目安としてアニサキスの一生から考えるとわかりやすくなります。

アニサキスは「海を漂うアニサキスの卵⇒甲殻類(オキアミ等)⇒中間宿主(サバ、イカ、イワシ等等)→海生哺乳類(イルカやクジラ)⇒海生哺乳類の体内で成体(成虫)となり海中に卵を放出」という生活環で一生を過ごします。

各ステージで全てが感染するわけではなく、例えばサバが膨大な数のオキアミの中のアニサキスを摂取した結果、その内のアニサキスの一部がサバに居座る状態となります(全てが感染したら最強の生物になりますよね)

餌量を考えても感染力はそこまで高くないと考えられますが、オキアミを食べる魚は全て中間宿主の可能性があります。

日本周辺では、マサバ、スルメイカ、サンマなど150種が確認されていますが、上に揚げたカツオのように、年によっても潜む数などは変わります。

 

なるほど!とわかってくれた方は、「アニサキスにまけない!」ページからアニサキスについて詳しくなってください!

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー