養殖魚にアニサキスは、いない!と考えていい理由 

養殖魚の特徴

一尾の魚から自宅でお刺身を目指す初心者は、タイやブリなどの養殖魚がおススメです。

その理由は・・・・

①お魚屋さんやスーパーで予約しやすい

→天候や不漁等に左右されず安定供給される!

②養殖魚の鮮度は天然魚と比較して一定

→いけすから揚げてすぐに絞めて氷詰めするため鮮度が一定。天然魚はお店によって様々なので初心者には判断が難しいコトも。

養殖魚は寄生虫の食中毒が限りなくゼロに近い。

→養殖魚の餌は乾燥したり冷凍されたりしていて餌を食べた魚にアニサキスにほぼ感染しない!

限りなく可能性が低いので安心!

※魚をさばく近道は、養殖魚でお刺身を作る鮮度を見極める目利きになるのが先決。それから寄生虫の知識を覚えて旬も種類も楽しめる天然魚の目利きになることです。

養殖魚とアニサキスについて(気にしないでいいレベルですが・・・)

一言で養殖と言っても様々で、寄生虫の感染リスクも多少変わってきます。

が、それら含めて確率を考えたり、現在のサーモン市場の実績を考えると、限りなくゼロに近いと考えて大丈夫です。

細かく養殖方法や育てる場所で考えると、より詳しく考えられるので紹介します。

〇養殖方法

畜養    稚魚や、ある程度育った魚を捕獲して、太らせる。

→捕獲前に寄生している可能性はある。

完全養殖  卵から大人まですべて養殖。

→畜養よりも感染リスクは低い。

○育つ場所

川魚 アユ、フナ等

アニサキスはいません(遡上してくるシロザケにはいます。)

海面養殖

海のイケスで育てている場合は、イケスの外から泳いできた魚からアニサキスに感染する可能性もあります。しかし、効率よく太らせるために基本的に餌は十分与えており、全体の餌量から比較すると感染する可能性は限りなく低いのです。

陸上養殖

陸上で海水を使って育てる場合は、外から自然の魚がまぎれません。ヒラメやフグの例があります。

アニサキスを食べた魚は全てアニサキスに感染するか

アニサキスが含まれる魚を食べた魚が100%アニサキスに感染するわけではありません。魚は生涯でどれほどの魚を食べているのか考えると、食べたアニサキスがすべて感染していたとしたら、一尾あたりの感染は数百ではすまないハズですが、サバで30尾前後です。

また、毎日見るサーモンを考えると、養殖魚にアニサキスがいる事は可能性が限りなく低いので考えないでもいいレベルなのです。

 

まだまだアニサキスについては「こちら」から詳しくどうぞ。

 

自信をもって自宅で刺身を作れる「入り口」に立てた方は、「こちら」でさばき方を勉強して、頑張りましょう!

« »