生食用の牡蠣と加熱用の牡蠣 カキの表示の違いは? ノロウイルスは大丈夫?

生食用の牡蠣と加熱用の牡蠣

お店で見かける「生食用」と「加熱用」と表示されたカキ。
見た目はほぼ同じですが、全く違うモノ!
料理によって使い分ける事!

生食用カキ

地域によって方法が違いますが、安全性を高める工夫がされています。

①水質が基準内で安全だと事前確認されている海域で獲られた牡蠣

②紫外線やオゾンで殺菌した海水を循環させ、カキの中腸線に濃縮されたウイルスをドンドン排出させて、加工場毎に定めた生食用カキの菌規格にしています(紫外線殺菌は直視すると網膜剥離するほどの威力だそうで、太陽光のイメージとはレベチの殺菌能力です)。

加熱用カキ

海で採取され菌規格は計測していない場合もあり、生食ではリスクがあります。

ただ、加熱すれば全く問題ないです。

加熱用の方が鮮度がいい!だから加熱用を生で食べたほうがオイシイ??ダメ!やめて!

誰が言い出したか知りませんが、自殺行為の典型例です。

噂に惑わされず、生食するならば、しっかり管理されたカキを食べてください。

値段の差は数百円。ケチらずに生食用の牡蠣を選んで食べてください。

加熱用と生食用どちらがオイシイ?

食べ方・調理方法が違うので比べられません。

刺身が好きか煮つけが好きかという、人による好みに近いかもしれません。

それよりも太り具合や、何年目の牡蠣かで選んだ方がオイシイ牡蠣に出会えますヨ。

心配な人はカキフライでも生食用を選んで調理している場合も。フライの中は加熱不十分なことがあるから、というのがその理由なようです。しゃぶしゃぶは当然生食用でですよね。

生牡蠣を食べるときに注意するコト

牡蠣殻が付いている場合もあるので、真水で流してから水分をふき取ってから食べます。

全く同じものを食べても体調や個人によって体調が変化する場合があります。

生ものは元気な時に適度にバランスよく食べるのが基本です。

自分で獲った牡蠣はオイシイ?

波打ち際の牡蠣。まずは獲っていいか確認しないといけませんが、もう一つ大事なのが貝毒です。ノロウイルスは加熱すればやっつけられるけれど、貝毒の中には加熱してもなくならないものも。詳しくは「こちら」で。

ついでに「牡蠣が原因と決めつけないで!ノロウイルス」については「こちら」

実はノロウイルスは牡蠣以外由来が90%。牡蠣を犯人と決めつけていると・・他の原因のノロウイルスリスクを見落とすことになります。

食を安全に楽しむには知識も必要です。とはいえ覚えきれないので、忘れてしまったら読んでくださいね。

« »

この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー