生食用の牡蠣 加熱用の牡蠣 ノロウイルスは大丈夫?

生食用の牡蠣と加熱用の牡蠣

お店で見かける「生食用」と「加熱用」のカキ。
見た目はほぼ同じですが、全く違うモノです!

生食用カキ

地域によって方法が違いますが、安全性を高める工夫が行われています。

①水質が基準内で安全だと事前確認されている海域で獲られた牡蠣

②紫外線やオゾンで殺菌した海水を循環させ、カキの中腸線に濃縮されたウイルスをドンドン排出させて、加工場毎の生食用カキ菌規格にしています(紫外線殺菌は直視すると目がつぶれるほどの威力で太陽光のイメージとはかけ離れています)。

加熱用カキ

海で採取され菌規格は計測していない場合もあり、生食ではリスクがあります。

加熱用の方が鮮度がいい!だから加熱用を生で食べたほうがオイシイ!

誰が言い出したか知りませんが、ギャンブル好きな自殺行為の例です。

値差は数百円なので、生食用の牡蠣を選んでください。

加熱用と生食用どちらがオイシイ?

食べ方が違うのでお好みによります。

太り具合や、何年目の牡蠣かで選んだ方がオイシイ牡蠣に出会えます。

生牡蠣を食べるときに注意するコト

体調や個人差で全く同じものを食べても

生ものは元気な時にバランスよく食べるのが基本です。

自分で獲った牡蠣はオイシイ?

波打ち際の牡蠣。まずは獲っていいか確認しないといけませんが、もう一つ大事なのが貝毒です。ノロウイルスは加熱すればやっつけられるけれど、貝毒の中には加熱してもなくならないものも。詳しくは「こちら」で。

ついでに「牡蠣が原因ではない?ノロウイルス」について知りたい方は「こちら」

食を安全に楽しむには知識も必要です。とはいえ覚えきれないので、忘れてしまったら読んでくださいね。

« »