缶詰は、なぜカルシウムとDHA・EPAが多いのか?

近年話題となることの多い魚の缶詰。調理済みで手軽で安価です。さらに、切り身と比べて栄養も違うのです。

サバを例に比較して、切り身に比べ、缶詰はカルシウムが約43倍、DHA、EPAは約1.3倍です。

サバの切り身 サバの水煮缶
カルシウム(mg) 6mg 260mg
DHA(mg) 970mg 1300mg
EPA(mg) 690mg 930mg

※可食部100g当たりの栄養価。※日本食品標準成分表2020年版(八訂)参考

なぜでしょう?

高温高圧調理の缶詰は、骨まで柔らかくなるので骨を取る必要が無いのでカルシウムが多いのです。

そして、あばら骨もとらないので、あばら骨付近のあぶらが多い場所(マグロの大トロ部分!)も缶詰に入っているので、DHAやEPAが多く含まれる結果になるのです。

油は汁の上に浮いているので、それを狙って飲む人もいますし、汁全体を調理に使用する人も多いですね。塩分が気になる場合は、無塩の水煮缶を使用しましょう。

また、DHA・EPAを含むn-3系不飽和脂肪酸の摂取目標量は1000g/1日です。缶詰には3000㎎/缶等の情報が書かれていることが多いので、参考にしてみてください。

※同じ缶詰に見えても値段がバラバラなのは・・・・なぜ?

答えは中に入っている魚の値段!脂がのっていて大きなサバを使った缶詰は高め。小さめのサバで油が少ない原料の缶詰は安め。筋肉をつけたい人、毎日DHAを取りたい人、目的によってどちらがいいかは人それぞれですが、一度食べ比べをしてみて自分好みの缶詰を探してみてください。

■サバ缶だけじゃない!いろいろな魚缶と期待できる効果

・イワシ缶

実は小骨が多くて食べにくいイワシ。缶詰だと骨を気にせず一口サイズで食べやすい上に、鉄分やカルシウム、ビタミンDが豊富に含まれています。血液サラサラのEPAも嬉しいですね。

特に女性に不足しやすい栄養素が摂れるため、貧血対策や妊娠中にもおすすめです。

・鮭缶

カルシウム摂取にこだわるなら、鮭缶です。骨が太い鮭は、1/2缶(約75g)で1日に必要なカルシウムを摂ることができるため、乳製品アレルギーや苦手な方も鮭缶で骨粗しょう症予防にいかがでしょうか?

また、アスタキサンチンという強力な抗酸化物質が豊富に含まれるため、肌の老化予防、抗炎症作用、発がん抑制などの効果が期待できます。

■非常食に!

生の魚を缶に入れて密閉してから高温高圧調理するため、常温で長期保存できるため、災害時の保存食としても注目されています。2年程度毎に入れ替えるローリングストックの定番品になりつつあります。

賞味期限(おいしく食べられる目安)が切れても、缶が膨らんだりしていなければ食べられます。むしろ期限が切れてからの方が味がしみ込んで好きだ!という方もいます。ご自分の判断で好みの時期を見つけてみても面白いかも??

昔ながらの缶詰も、色々な味付けで楽しめるようになっているので、素敵な缶詰を楽しみながら食べてください!

« »